ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
びくびくビリー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

びくびくビリー

  • 絵本
作・絵: アンソニー・ブラウン
訳: 灰島 かり
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「びくびくビリー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年09月
ISBN: 9784566008465

幼児〜

7〜8歳 編集部おすすめ

出版社からの紹介

ビリーは、とってもしんぱいや。いろんなことがきになって、ベッドにはいっても、ねむれない。おばあちゃんにはなしたら、ちいさな人形をくれた。[しんぱいひきうけ人形]なんだって! これでねむれるかな…? 子どもの心のおくをあざやかにきりとる、国際アンデルセン賞受賞作家の絵本。

ベストレビュー

ウォーリードールの実物を見せて、読み聞かせたいなぁ。

 うちの子供達には何度も読み聞かせている絵本。上の子はウォーリードールを作ってみたい!と言います。

 小学校5年生への読み聞かせに利用してみることにしました。

 明日は持久走大会、天気もあやしく今夜から冷え込み、雪がふるかも、という予報もあり、みんな何かしら心配ごとがあるだろうと考えました。

 絵本は大きくて絵も見やすく、文字は多くもないので読みやすいです。

 ビリーの心配妄想の場面では、クスクスと笑い声もありました。

 4分ちょっとで読みました。

 心配引き受け人形(ウォーリードール)について、グアテマラでは本当に信じられているおまじないだということの解説があったので、その部分も読みましたが、実物を見せてあげたかったなぁと思いました。

 3歳くらいからおすすめの絵本です。
(ちいニャさん 30代・ママ 女の子10歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アンソニー・ブラウンさんのその他の作品

1はゴリラ / くまさんの おたすけ えんぴつ / ゴリオとヒメちゃん / うちのママってすてきなの / アンソニー・ブラウンのキング・コング / おんぶはこりごり

灰島 かりさんのその他の作品

ぼくのなまえはへいたろう / ランドルフ・コールデコット ―疾走した画家 / てっぺんねこ / たんていネズミ ハーメリン / 女の子のための人生のルール188 / おどかさないでよ、ガオくん!



楽しく読んで楽しく知れる、新発想の忍者図鑑絵本

びくびくビリー

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット