もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
みどりがいけのひみつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みどりがいけのひみつ

作・絵: 木村 泰子
出版社: 世界文化社

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「みどりがいけのひみつ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

みどりが池で、はりねずみのハリーが出会ったのは?向こう側の世界とのつながりをやさしく描く絵本。

ベストレビュー

そんな不思議、よく想像してました

小さいころ、鏡の裏側から違う世界に行けちゃうんじゃないかとか考えたりしませんでしたか?

「みどりがいけの ひみつ」はまさにそんなわくわくの想像の世界を垣間見ちゃう絵本です。

はりねずみのハリーはお母さんに危ないからと禁じられてるみどりがいけに遊びに来て、つい池に落ちてしまいます。
気が付くとそこは恐竜の世界!!

小さいはりねずみのハリーに、大きな大きなお友達ができます。
ステゴザウルスくんです。
ハリーはステゴザウルスくんに看病してもらいながらどんどん恐竜のお友達を増やしていきます。
怪我が治ってハリーは元の世界に戻っていきます。

小さなはりねずみと大きな恐竜、そんな組み合わせに生まれる友情と不思議な想像の世界・・・
小さいころいろんなこと想像してたな〜と浸りながら読みました。

1歳の娘にそんなストーリーはわからないと思いますが、にぎやかでかわいらしい絵に指さし、う〜う〜と言ってました。
もう少し大きくなってまた読んであげたいと思います。
(豆たろうさん 30代・ママ 女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

木村 泰子さんのその他の作品

「みんなの学校」が教えてくれたこと / 新装版 ぱっくんおおかみのえほん(全5巻) / ぱっくんおおかみ おとうさんににてる / かいぶつになっちゃった / ぱっくんおおかみとくいしんぼん / ぱっくんおおかみとおばけたち



『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

みどりがいけのひみつ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット