庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
まんじゅうこわい/平林
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まんじゅうこわい/平林

  • 絵本
作: 桂 小南
絵: ひこね のりお
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「まんじゅうこわい/平林」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ヘビがこわい、カエルがこわいなどというなか、熊さんがこわいのは、あの甘い食べもの−「まんじゅうこわい」と、ものわすれの名人、権助がお使いに行くお話「平林」。

ベストレビュー

読みやすくて楽しめるよ

 娘が『じゅげむ』に続いて読みたがっていた落語シリーズです。
自分で読めるようになる小学生頃が楽しめるかな。
 
 『まんじゅうこわい』
 主人公の熊さんのこわいものはなんとおまんじゅう!熊さんをおどかそうとみんながお金を出し合って山盛りのまんじゅうを熊さんに・・・
熊さんはというと、こわいこわいまんじゅうのはずが・・・むしゃむしゃむしゃむしゃまんじゅうを・・・
 最初はなんでまんじゅうなんてこわいんやろ?嫌いの間違い違うん?と言ってましたが、とにかくまんじゅうをほおばる熊さんに大笑いしてました。

 『平林』
 お使いで手紙を届けに行く事になった権助。相手の名前は『平林さま』
ところが途中で読み方を忘れてしまい、尋ねるといろんな読み方を教えてもらいます。
「タイーラバヤシ」に「ヒラリン」「一、八、十の木、木」
「一つと八つで十、木、木」といろんな読み方で叫びながら歩いていく権助。
 娘も最近、一つの漢字で読み方が何種類かあってややこしいなあと感じたところだったので、そうよなあ〜という感じで楽しんでました。
(ぐるんまさん 30代・ママ 女の子7歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


桂 小南さんのその他の作品

じゅげむ/目黒のさんま / 花の都/てんしき

ひこね のりおさんのその他の作品

大笑い!東海道は日本晴れ!!(3) いざ、京都・大坂へ / 大笑い!東海道は日本晴れ!!(2) はてしなき珍道中 / 大笑い!東海道は日本晴れ!!(1) さらば、花のお江戸 / あみちゃんとやさいのでんしゃ



お気に入りのくだものはどれ?

まんじゅうこわい/平林

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット