ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
にわとり城
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

にわとり城

  • 児童書
作: 松野 正子
絵: 大社 玲子
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年10月01日
ISBN: 9784772190626

小学校低学年
214mm × 152mm 72ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

昔、にわとりをたくさん飼っていたお百姓が死んで、息子が一人残されました。こころのやさしい息子でしたが、のろまで、じゅうぶんな世話ができないうちににわとりの数はどんどん減り……ついに家までなくしてしまいます。
息子は、後をついてくる一羽のめんどりと、旅に出ることにしました。

森や山では楽しい旅でした。でもかんかん照りのはらっぱに出てから、少しずつ食べ物はなくなり、とうとう息子はめんどりを食べてしまおうかと考えます。けれども、めんどりの心臓がうごくのを感じて思いとどまります。
やがて真っ暗な森に迷い込んだ息子とめんどり。夜の魔物とのハラハラドキドキのなぞなぞ対決がはじまります……。

『こぎつねコンとこだぬきポン』などの著作がある松野正子さんの文章に、『なぞなぞのすきな女の子』の大社玲子さんが挿絵を描いた昔話ふうのお話。
暗い森の場面では、物音ひとつきこえない暗闇に閉じ込められてしまったこわさを感じます。
寒いまっくらな闇で魔物の目が光り、袋の中のめんどりだけがあたたかい……。
20数ページにわたる、闇の中のなぞなぞ対決の場面はみどころです。
最後にはこのお話の題名がなぜ「にわとり城」なのかがわかりますよ。

本書は「こぐまのどんどんぶんこ」シリーズの一冊。本を読むのがちょっと苦手な子も、どんどん楽しく読めるようにと工夫された幼年童話シリーズ。小学校低学年からの1人読みにぴったり。絵本の次に何を読もうかと迷っているお子さんがいたら、ぜひ手渡してあげたいシリーズです。

さて、にわとり城は「城」というからには、おひめさまがいそうなものですよね。そのとおり! では、おひめさまは一体だれだったのか? なぜ魔物の魔法は解けたのか? それは読んでのお楽しみ。最後のにわとりだらけの素敵な絵とともに、楽しく味わってくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

にわとり城

にわとり城

出版社からの紹介

貧乏でのろまだけれど、心のやさしい息子がいました。
やがていよいよ食うに困り、1羽のにわとりと旅に出ることに。
真っ暗な森に迷い込んだ息子の前に、魔物が現れ・・・。
暗闇の中で繰り広げられるドキドキハラハラのなぞなぞ合戦は見もの!

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松野 正子さんのその他の作品

ももと こだぬき / ちゃいろいつつみ紙のはなし / 特装版 思い出のマーニー / まっててね / よくきたね / あるくのがきらいな王さまのはなし

大社 玲子さんのその他の作品

くろグミ団は名探偵 紅サンゴの陰謀 / くろグミ団は名探偵 石弓の呪い / くろグミ団は名探偵 カラス岩の宝物 / げんきなぬいぐるみ人形ガルドラ / じゃんけんのすきな女の子 / 岩波少年文庫 くろて団は名探偵



初めて見る者同士の友情、親子の愛情。読み聞かせにもプレゼントにも!

にわとり城

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット