宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
もみちゃんともみの木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もみちゃんともみの木

  • 絵本
作: たかどの ほうこ
絵: いちかわ なつこ
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「もみちゃんともみの木」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年10月
ISBN: 9784251009401

小学校低学年以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

もみの木通りの木々は、道を通る人の持ち物をくすねて、集めていました。イブの日に強い風が吹くと…!?すてきなクリスマスの絵本!

ベストレビュー

いつもおもしろいことが起きる

クリスマスの絵本とあったので、どんなお話かなと思いました。もみの木通りの近くにある小学校のもみちゃんは忘れ物の常習犯。もみの木通りのもみの木たちは、癖が悪くて通っていく子どもたちからいろいろなものをくすねています。

いつもおもしろいことが起きるたかどの作品ならではの設定に笑ってしまいます。

もみの木通りにあるはじっこくんだけは、子どもたちから物をくすねません。それは、小学校の子どもたちの様子を見ているのが楽しいからです。それを聞いたもみの木たちは、1本ずつずれて中を見ることに。

木が動くってそれはありえないでしょうって感じなのですが、この木の交替が功を奏す訳です。いつもよく考えつくなあというお話が多いですが終わりはまとまりよく終わるので安心して読んでいられます。

息子と絵を見ながら、もみちゃんのなくした物を探しました。もみちゃんのうっかりはなくなったのかな?

途中、クリスマスイブという描写があったので、クリスマス絵本ということに納得しました。冬のお話で、それほどクリスマス色が強くないので、冬の時期に読む本としてお勧めします。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たかどの ほうこさんのその他の作品

ちゃめひめさまとおしろのおばけ / ちゃめひめさまとあやしいたから / グドーさんのおさんぽびより / くだものっこの花 / ちゃめひめさまとペピーノおうじ / 紙芝居 こびとのくつや

いちかわ なつこさんのその他の作品

ジュリアが糸をつむいだ日 / ふたりはとっても本がすき! / レイナが島にやってきた! / 紙芝居 りんごのき / こぐまの ミモの ジャムやさん / クララ先生、さようなら



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

もみちゃんともみの木

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット