いっこ さんこ いっこ さんこ いっこ さんこの試し読みができます!
作: 及川 賢治 竹内 繭子  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
100%ORANGE新作! リズムと色と形で楽しむ新しい赤ちゃん絵本です
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
ぼくたちのリアル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくたちのリアル

  • 児童書
著: 戸森 しるこ
絵: 佐藤 真紀子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年06月
ISBN: 9784062200738

四六版/224ページ

11〜12歳 編集部おすすめ

みどころ

学年で一番の人気者、「秋山リアル」。
スポーツも勉強も完璧で、ムードメーカー、おまけにイケメンで、だからとうぜん女子からもモテる。
そしてリアルは、ぼくの幼なじみでもある。

リアルと一緒にいるところを見られると、みんなの顔に「?」が浮かぶんだ。
なんだか、リアルの友だちとしてふさわしくないって思い知らされているみたいで、すごくみじめな気持ちになる。

なのに、5年生になってリアルと同じクラスになってしまったものだから、思わず「ゲッ!」

そこへ、リアルのことにやたらと首をつっこみたがる転校生まで加わって、なんだかこの夏はさわがしくなりそう……。

第56回講談社児童文学新人賞、第46回日本児童文芸家協会児童文芸新人賞受賞作。
誰もが認める学年一のスター、リアルを中心にした、三人の少年の友情と恋、そして死にまつわる物語です。

「ぼくたちのリアル」というこの作品のタイトル。
リアルとはもちろん、主人公のひとりであるリアルのことでしょう。
しかし同時に、このリアルは「現実」を意味しているのかもしれません。
悲しくても、怖くても、妬ましくても、向き合わざるを得ない「ぼくたちの現実」を。

完璧すぎる幼なじみのリアルを、いつのころからか避けていた「ぼく」ことアスカ。
幼いころのあだ名で呼ぶのはやめろと求める一方で、リアルにあだ名で呼ばれると、自分までがすごいやつになったような気がするといいます。

「リアルのことはそりゃ、好きだけどさ。きらいだったら、ほっとけばいいじゃん。好きだから、いろいろやっかいなんだよ」

そんなアスカを巻き込んでは、なぜかリアルのあとをついて回る、転校生の「川上サジ」。
日本人離れした美しい顔立ちのサジは、一見恥ずかしがり屋の引っ込み思案。
でも、転校二日目にして、クラスのカリスマであるリアルを家に誘う度胸の持ち主でもある、不思議な男子です。
実は、クラスの中でただリアルだけが知らない、ある秘密を持っていて──。

そして、すべての中心にいるリアルにもまた、根の深い秘密をがあったのです。
なぜ、リアルは不自然なほどに完璧でいるのか?
なぜ、おとなたちは完璧であるはずのリアルを心配するのか?

「いまから思えば、ぼくとリアルの前にサジが現れたのは、ちょっとした運命だったのかもしれない」

5年生の夏。
三人の少年は出会い、リアルを中心にしたそれぞれの想いが、彼らを少し大人に変える──。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

そいつの名前は秋山璃在(リアル)。
スポーツ万能。性格良好。顔がかっこよくて、気もきくから女の子にももてる。勉強も絵も書き初めも、カラオケだって、何をやらせても誰よりもできてしまう学年イチの人気者。幼なじみの渡(わたる)は、平凡な自分と比べて、そんな璃在(リアル)に昔からコンプレックスを感じていた。
しかし、小学5年生の新学期、美しい転校生の来訪によって、運命の日がやってきたのだった。
人気子役との恋がこじれた合唱祭、リアルの家族の悲しい過去、サジへのいじめ……。それぞれ助けあいながら、三人は次第に友情を深めていく。
出席番号一番、秋山璃在。二番、飛鳥井渡。三番、川上サジ。三人ですごした五年生の春と夏の思い出。ぼくたちは、少しずつちがう。だから支え合える。三人の少年の忘れられない夏の友情物語。

ベストレビュー

詰込み感がない、読みやすい作品。

ナビでは「友だちのとびら(高学年向け)」に入っている作品です。
(改めてみてみると、いいジャンル名ですね〜)

作中、5年生の主人公たちが林間学校に行った時のシーンで、「登山レベル」が高いほうと低いほうに分かれている。というくだりがあって、「うちの子たちの通っていた小学校と同じだわ」と思っていたら、作者は埼玉県出身…。もしかしたら近隣の人だったのかもしれないなんて、ちょっとワクワクしてしまいました。

講談社児童文学賞を受賞したばかりの新人の作家さんですが、とても読みやすいです。
言いたいこと・見せたい世界がしっかり描かれているのに、余計な説明がないところがとても好感が持てました。
このページ数で、1学期の4か月のことだけ(夏休みのエピローグ的なシーンを入れても5か月くらい)を描いているのに、詰め込みすぎた感がないのがとても不思議でした。

タイトルもインパクトがありますし、表紙絵は(あさのあつこさんの「バッテリー」の挿絵を描いていらした)佐藤真紀子さんですから、本の内側から“読んで〜!”訴えかけてくるものがものがありました。

物語ならではの生い立ちや展開はあるものの、
10代の子だもたちが共感できる「友情」が伝わってくる作品でした。

わたしは親なので、どちらかというと、主人公の親や担任のほうに気持ちが近かったけれど、楽しくスイスイと読みました。

小学校高学年から中学生くらいのお子さんたちにお薦めです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


戸森 しるこさんのその他の作品

十一月のマーブル

佐藤 真紀子さんのその他の作品

さかな・食べるのだいすき! / ごはんだいすき! / 食物の流通と栄養 / いのちはめぐる / ぼくらは鉄道に乗って / 蒼とイルカと彫刻家



押して振ってこすって…全身で楽しむ絵本!

ぼくたちのリアル

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット