宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
パパの柿の木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パパの柿の木

  • 絵本
作: 谷口 真知子
絵: 亭島 和洋
出版社: 星湖舎

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「パパの柿の木」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

失って初めてわかる、「当たり前」の日々の大切さ。日航機事故で突然夫を亡くし、絶望の中から柿の木の成長に励まされながら子どもたちと懸命に生きてきた女性が、命の大切さを伝える絵本。

ベストレビュー

あれから31年経ったのですね

ご主人をあの日航ジャンボ機墜落事故で亡くされた谷口さんの鎮魂絵本です。
読んでいて思わず姿勢を正していました。
父親を失ったお子さんは、31年経って父親になられました。
時はどんどん過ぎて行くものですが、亡くなった方への思い出と、命の大切さへの思いは、決して消えることがない。
柿の木という象徴が、とてもつらく感じられました。
今だから、絵本に出来たのですよね。
感じること、学ぶことの多い絵本をありがとうございました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




お子さんやお孫さんと話をしながら読みたい、心やすらぐ絵本

パパの柿の木

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット