雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
ぺんぎんほいくえん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぺんぎんほいくえん

作・絵: M・ミトゥーリチ
訳: 松谷 さやか
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

作品情報

発行日: 2001年

こどものとも年少版 2001年2月号

ベストレビュー

ドキドキ

ぺんぎんのぼうやが初めて保育園に行った日のお話。
保育園って何?お母さんは一緒じゃないの?とても不安なぼうや。始めは少し遠くからみんなを見ていたぼうやですが、次第に輪に入り歌を歌ったりダンスをしたり山登りや泳ぐ練習。お母さんが迎えに来てお家で保育園であった楽しかった事を話します。明日も行くんだ〜!と。
グレーの毛色で子供たちが遊んでいる絵は本当に可愛いです。
ぺんぎんだけに氷の山に登るとか生きて行くのに必要な泳ぎを練習したり・・保育園って楽しいんだ!と思える絵本です。
(ねーねーさん 30代・ママ 女の子11歳、女の子10歳)

出版社おすすめ


M・ミトゥーリチさんのその他の作品

イワーシェチカと白い鳥 / ゆきが やんだ あとで… / お日さまをみつけたよ / こぐまとふうせん / はりねずみ かあさん / なぞなぞ100このほん

松谷 さやかさんのその他の作品

海と灯台の本 / うっかりもののまほうつかい / なにに なろうかな? / ことりのゆうびんやさん / イグアノドンとちいさなともだち / こぐまを びっくりさせたのは だれ?



『ななちゃんのおかたづけ』書店員さんに話を聞きました

ぺんぎんほいくえん

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット