貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
カゼオニ しようぜ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カゼオニ しようぜ

  • 絵本
作: にしおかひでき
出版社: ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,280 +税

「カゼオニ しようぜ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年10月
ISBN: 9784564010231

●32ページ ●257×215

みどころ

ソウタは今日もひとりでブランコをこいでいます。
足が遅くて走るのが苦手なソウタは、オニごっこで皆の仲間に入れないでいるのです。

「ぼくも はやく はしれたら たのしい だろうなあ。」
ソウタはそっと目を閉じます。
するとそこに現れたのは、暗い夜の町。
オニの子どもたちが、ソウタを「カゼオニ」というオニごっこに誘います。
オニたちを追いかけて走るソウタは、
はやい、はやい、はやい・・・!
屋根も、川の上だって、まるで風のよう。
この町では信じられない速さで走れるのです。
ソウタとオニたちの「カゼオニ」の勝負、いったいどうなるのでしょう?

この作品のみどころは、なんといっても夜の町を駆け抜ける爽快感。
シャッターの下りた夜の街並みと、鉄塔や団地、川沿いの風景にも、気持ちが高まります。
オニとソウタが鉄塔から空を飛ぶ場面は、まるで映画のワンシーンのように迫力満点!

走るって気持ちいい! 読み終わったら、どの子もすぐ駆け出したくてウズウズしてしまうことでしょう。
走るのが大好きな子にも、走ることにコンプレックスを持っている子にも手にとってほしい絵本です。
本を開けばいつでも、オニたちが走る楽しさいっぱいの世界へ連れて行ってくれますよ。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

カゼオニ しようぜ

出版社からの紹介

足が遅く、オニごっこが嫌いなソウタという男の子は、公園でブランコをこいでいます。
男の子が目をつむると、頭の中の世界は、鬼の子どもたちのいる町です。
そこで一緒にオニごっこをします。オニになったソウタは、
ビューーンと風のようなスピードで、鬼の子どもたちを
どんどん捕まえていきます。
最後に残るは、鬼の中で最も走るのが速いオウジ。
はたしてソウタは捕まえることができるのか?!
空想の世界で、オニごっこをするという爽快な絵本です。

ベストレビュー

ソウタへのプレゼント

かけっこに、全然自信のないソウタは、
鬼ごっこの仲間に入ることができません。
でも、そんなソウタのところにやってきたのは
鬼の子たちでした。
この子たち、どのこもとてもかわいいです。
動きのある絵とソウタがびゅんびゅんと走って
自信をもってゆくところは素敵ですね。
この仲間たちとずっとお友だちでいられたら良いなと思いました。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『いっしょにするよ』風木一人さん・たかしまてつをさんインタビュー

カゼオニ しようぜ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット