もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
カゼオニ しようぜ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カゼオニ しようぜ

  • 絵本
作: にしおかひでき
出版社: ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,280 +税

「カゼオニ しようぜ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年10月
ISBN: 9784564010231

●32ページ ●257×215

みどころ

ソウタは今日もひとりでブランコをこいでいます。
足が遅くて走るのが苦手なソウタは、オニごっこで皆の仲間に入れないでいるのです。

「ぼくも はやく はしれたら たのしい だろうなあ。」
ソウタはそっと目を閉じます。
するとそこに現れたのは、暗い夜の町。
オニの子どもたちが、ソウタを「カゼオニ」というオニごっこに誘います。
オニたちを追いかけて走るソウタは、
はやい、はやい、はやい・・・!
屋根も、川の上だって、まるで風のよう。
この町では信じられない速さで走れるのです。
ソウタとオニたちの「カゼオニ」の勝負、いったいどうなるのでしょう?

この作品のみどころは、なんといっても夜の町を駆け抜ける爽快感。
シャッターの下りた夜の街並みと、鉄塔や団地、川沿いの風景にも、気持ちが高まります。
オニとソウタが鉄塔から空を飛ぶ場面は、まるで映画のワンシーンのように迫力満点!

走るって気持ちいい! 読み終わったら、どの子もすぐ駆け出したくてウズウズしてしまうことでしょう。
走るのが大好きな子にも、走ることにコンプレックスを持っている子にも手にとってほしい絵本です。
本を開けばいつでも、オニたちが走る楽しさいっぱいの世界へ連れて行ってくれますよ。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

カゼオニ しようぜ

出版社からの紹介

足が遅く、オニごっこが嫌いなソウタという男の子は、公園でブランコをこいでいます。
男の子が目をつむると、頭の中の世界は、鬼の子どもたちのいる町です。
そこで一緒にオニごっこをします。オニになったソウタは、
ビューーンと風のようなスピードで、鬼の子どもたちを
どんどん捕まえていきます。
最後に残るは、鬼の中で最も走るのが速いオウジ。
はたしてソウタは捕まえることができるのか?!
空想の世界で、オニごっこをするという爽快な絵本です。

ベストレビュー

思いっきり走るって楽しそう!

走るの遅いから…と、鬼ごっこに参加できなかった主人公が、風を切って走ることの気持ち良さ、友達と走って遊ぶ喜びを知り、勇気を出して参加するようになるお話し。
スピードを感じさせる絵がすごくて、本当に風をきって走っているみたい。
「え?公園で考えてたことやったん?」と、最後のオチに息子はびっくりしていましたが、ママも一緒にびっくりしちゃいました。
(みっとーさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。



『こねて のばして』ヨシタケシンスケさんインタビュー

カゼオニ しようぜ

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット