ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
年老いたメス狼と女の子の話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

年老いたメス狼と女の子の話

文: 水谷 明子
絵: 平田敏夫
原作: 野坂 昭如
出版社: 汐文社

本体価格: ¥1,922 +税

「年老いたメス狼と女の子の話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

狼の優しさに涙!

昭和20年8月15日は、日本が戦争に負けた終戦の日です。
このお話は、満州です。

女の子と年老いた狼が、コウリャン畑にうずくまり、女の子は、狼を、飼い犬のベルと間違えて泣きじゃくりながら狼のせなかに抱きついてきたの、狼は、自分の子供のように懐にだいてやります。その絵が何ともかわいく優しいのです。

しかも 死に場所を探しているの・・・・
女の子と狼がまるで親子のようで!

悲しいことに、女の子はね、はしかにかかっていて、死んでしまうのです。
狼は、悲しかったんでしょう。
仲間のところに連れて帰り大事に守ってやろうとするのです。
狼の優しさに涙がでます。
そんな狼の優しさも、おおかみが子供をさらっていくと、思った人間が、鉄砲で、殺してしまうのです。

ああ〜
狼の優しさが・・・

狼を、殺したにんげんは、冷たくなっている女の子を、土にうめてお墓を作るのですが・・・
狼のことは,ほったまま、風化して骨になって、女の子を守っているのです。

同じ命を持つ動物なのにね・・
はかない命ですね!
命あるものの運命を感じます。
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ


野坂 昭如さんのその他の作品

汚点・春は夜汽車の窓から / 火垂るの墓



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

年老いたメス狼と女の子の話

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット