うみ ざざざ うみ ざざざ うみ ざざざの試し読みができます!
作: ひがし なおこ 絵: きうち たつろう  出版社: くもん出版
ざざーん ざざざざざ ざっぱーん。海とあそぶ、暑い一日。今すぐ海に行きたくなる絵本!
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
しゅくだいとびばこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しゅくだいとびばこ

  • 児童書
作・絵: 福田 岩緒
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 一章ためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年10月04日
ISBN: 9784569785905

小学校低学年
A5判上製/80ページ

出版社からの紹介

三週間後の運動会で、六段のとびばこを三年生全員でとぶ、とびばこの競技がある。とんだらぬけて、とべなかったらとべるまで挑戦しなければいけない。運動会の伝統の競技がとびばこだなんて、どこの小学校をさがしてもないと思う。

体育の授業がはじまった。ぼくは、ようやく四段がとべるようになったばかりだ。五段のとびばこに向かって走ったけれど、ふみきり板に足を合わせようとして直前でスピードを落としてしまった。五段がとべないのに、六段なんて本当にとべるのだろうか……。

ある日、ぼくのクラスに「かじまさる」くんという転校生がやってきた。かじくんは、ほとんどしゃべらないちょっと変わった子だった。かじくんも、とびばこが苦手で一緒に練習をしていたけれど、ぼくたち二人は、前日までに六段をとぶことはできなかった。そして、ついに運動会の日がやってきて……。

とびばこなどの運動が苦手な子どもたちにおくる幼年童話。

しゅくだいとびばこ

しゅくだいとびばこ

ベストレビュー

しゅくだいシリーズ

同じ作者の『しゅくだいさかあがり』や『しゅくだい大なわとび』も読んだことがあり、小学校3年生の娘が気に入っているので、またシリーズの新しい本が出ていると嬉しくなりました。
とびばこの苦手な男の子のお話。転校生との交流によって、成長します。
3年生の娘は、「なわとびのお話の方が良かった」と言っていましたが、身近な内容で読みやすかったようです。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子12歳、女の子9歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


福田 岩緒さんのその他の作品

釣りに行こう! / ぼくのにいちゃんすごいやろ! / しゅくだい大なわとび / ぼくの天国ポスト / つくる 五感のえほん2 / ええことするのは、ええもんや!



40作以上の児童文学が絵の中に!『本の子』翻訳者 柴田元幸さんインタビュー

しゅくだいとびばこ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット