だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
おつきさまでたよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おつきさまでたよ

  • 絵本
作: 寺村 輝夫
絵: いもと ようこ
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年
ISBN: 9784251006097

3歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

おつきみのしたくができました。おおはらぽんたは、おだんごのばんをしながら、月の出をまっていましたが……。

ベストレビュー

幼稚園でお月見する?

お月見のしたくをしよう!
ポンタくんが先頭にたって、子供たち中心で行事の用意をします。それを優しく見守りながらおだんごを作ってくれるめえこ先生。
さあ、準備は整いました。お月見だ。
ところがなかなかお月さまが昇ってきません。
ポンタは、めえこ先生に頼んで目玉焼きを作ってもらいます。それを夜空に投げて……エイッ、お月さまになれ!

園での行事をとりあげたシリーズの一冊目です。全部で12冊。遠足、運動会、ひなまつり、お誕生日会など、どこの園でもやっている行事ばかり。また一冊ごとに主役のお友達が変わります。


長期休暇でションボリする娘を見かねて読みました。行事が身近で、自分の体験と重なる様子。
お月見は今からだけど、園でするのかな〜ぁ? 夜のことだしねぇ?
夏休みを終え、さっそく先生に「お月見する?」と聞いてきた娘。
娘がめえこ先生に重ねていた担任の先生は、あまりの唐突さに驚かれたとか。
残念ながらお月見は家でしてねとのことですが、日本古来の行事を楽しんで説明する機会にもなり、秋の夜長のファンタジーを親子で楽しみました。
あの目玉焼きはどこへ行ったんだろう。
みんなで用意するのもいいですね。普段から自主性を重んじる園だけに、娘の心に自分たちのしていることと同じだと強く響くものがあったようです。
(てぃんくてぃんくさん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


寺村 輝夫さんのその他の作品

みねこのみちくさ / 王さまかるた / 王さまABC / らいおんのがお <復刊傑作幼児絵本シリーズ 4> / ひよこのぴー <復刊傑作幼児絵本シリーズ 8> / おはようひまわりくん <復刊傑作幼児絵本シリーズ 12>

いもと ようこさんのその他の作品

ピノキオ / きつねのがっこう / てんこうせいはつばめくん / ながぐつをはいたねこ / おふろ / おにはそと!ふくはうち!



ハッピーなおやすみのえほん!

おつきさまでたよ

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.12

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット