モリくんのおいもカー モリくんのおいもカー モリくんのおいもカーの試し読みができます!
作: かんべ あやこ  出版社: くもん出版
おいもで作ったおいもカーで、実りの秋の森を楽しくドライブ! 愉快で楽しい冒険絵本。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ぼくのにゃんた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのにゃんた

  • 絵本
作: 鈴木 康広
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年10月
ISBN: 9784893096227

190×190mm 36P 上製 hard cover

この作品が含まれるテーマ

みどころ

台所にいるのは「にゃべ」「まにゃいた」「バニャニャ」。
おひるごはんの時は「キャッツカレー」、「にゃん粉」を使って出来上がったのは「ニャッフル」「ドーニャツ」「ビスキャット」。

…なにを言っているのかといえば、これみんな「ぼく」のにゃんた。
にゃんたはちょっと変わったねこなのです。

外に出れば「にゃんバランス」のスニーカーになるし、ニャンキースというチームで大活躍だってしている。もちろん得意なのは「ニャックルボール」。おかあさんの「ネッコレス」になっておでかけしたり、「ネコタイ」になっておとうさんの会社にいって「ニャイホン」として人気者になったり。驚くほど行動範囲の広いにゃんた。夏になれば、一緒に海におでかけだってします。

ぼくとにゃんたは、こんな風にいつも仲良し。でもある日、ともだちが突然ぼくに言った言葉に、にゃんたは驚いていなくなってしまったんだ……。

人気現代アーティストとして活躍されている鈴木康広さん初の絵本は、ページをめくるたびに全身の力が抜けていく、ゆるくてかわいくて、ちょっぴり切ない「ぼくとにゃんた」のお話。

いつも当たり前に「ぼく」の目の周りにいたにゃんたが、当たり前じゃなかったって気づいたその瞬間。ふたりの世界はどうなっていくのでしょう。わたしもにゃんたにまた会えるかにゃ。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ぼくのにゃんた

出版社からの紹介

にゃんたは、ちょっとかわったねこ。
気がつくと、いつもすました顔をして、
何かになっているんだよ。
バニャニャや、ドーニャツ、にゃどかりにもなるよ。
でもある日、ぼくの目のなかにいる、にゃんたに気づいて......
ユーモラスで、やさしくて、せつない、少年とねこのお話。
誰もが思わず笑ってしまう、
にゃんたのゆるーい変身をおたのしみ下さい。
人気現代アーティスト・鈴木康広の初の絵本!

ベストレビュー

いろんなものになる

図書館から借りてきて読んだのですが、小4の娘が
「これ買いたい!」と言っていました。
わかるわあ。だって、とってもかわいいから。
にゃんこってほんとにいろんなものになるんですよねえ。
まあ、この絵本ほどいろんなものにはなりませんが(笑)。
にゃべやまにゃいたくらいにはなるね、少なくとも。
私としては「ネッコレス」が欲しいなって思いました。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『トリック オア トリート!』岡村志満子さんインタビュー

ぼくのにゃんた

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット