新刊
ごんぎつね

ごんぎつね(ポプラ社)

いたずらばかりしているきつねのごんは、兵十のたいせつなうなぎを盗んでしまいます。その後、ごんは兵十のために罪のつぐないをするのですが・・・。

Carnimal

Carnimal

作・絵: 正木賢一
出版社: 新風舎

本体価格: ¥1,800 +税

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年07月
ISBN: 9784797465075

出版社からの紹介

新しい発想の、新しいスタイルの、「未来のゆめ」の絵本が、現れた。 ページをめくる楽しみがいっぱい! いっしょに遊べるおさんぽ絵本。
カーニマルは動物型の乗り物。今日もお気に入りのカーニマルに乗って、海を越え、山を越え、トンネルを抜けて…。カーニマルとの不思議なお散歩のはじまり、はじまり!
「未来の星からやってきたスペースシップ。降りてきたのはカーニマル。ヒトか動物かクルマか分からない、フシギで、カッコイイ、カーニマルたち。いろんなカーニマルがいる。名前をつけてやりたくなる。あ、パレードがはじまった。あれれ、パレードが行くのは、フシギのくにみたいだ。フシギのくにの、森や林や町や海。フシギの国の昼と夜。水に潜ったり空を飛んだり、遊びランドで遊んだり、じかんをわすれて、いつまでも。みんなではしろう、カーニマル。楽しい楽しいカーニマル。」

ベストレビュー

チキチキマシーン?

タイトルに惹かれて手にとると、なんとも面白い乗り物(生き物?)カーニマルにのって旅をするおはなし。

背景も、人も乗り物もみんなへんてこで色がとても美しい。
未来なのか、宇宙なのか、不思議な土地を巡る旅です。

語り口はシンプルで読む人の捕らえ方でいろいろな解釈が出来そう。

他にも乗り物にのった人達がでてくるので
子供達はカーニマルをみつけるのが楽しそうでした。
(うららさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




今年2回目の西日本新聞社オススメ児童書コンテスト開催♪

Carnimal

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット