雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
バンビと小鳥
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

バンビと小鳥

  • 絵本
作: 樋上公実子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年11月
ISBN: 9784591152195

小学低学年
28cm x 20cm 32ページ

みどころ

幻想的で優美な世界を描く、樋上公美子さんの初めての自作絵本。

美しい鹿革のスカートをいつもはき、バンビと呼ばれるむすめがいました。
スカートは、昔、バンビのおじいさんからおばあさんへ贈られたもの。
はじめてそのスカートをはいたとき、バンビはあまりに自分にぴったりであることにおどろきます。
スカートはバンビをやさしくつつみこみます。
どこからがスカートで、どこまでが自分なのかわからないくらい……。
そしてスカートをはくたびに遠くから声がきこえてくるような気がします。
誰かが自分を呼ぶような声。
いったい誰……?

ある朝バンビのスカートにまいおりた一羽の白い小鳥に誘われるように、バンビは外へ出かけます。
春の花園へ、夏の星の下へ、秋の森へ。
そして冬。湖で小鳥がいなくなったことにも気づかず夢中ですべるバンビのもとへ、りっぱな角をもった牡鹿がやってきて……。

美しい鹿革のスカートのなめらかさ、やわらかさが絵本のなかにとじこめられています。
黒いひとみがキラキラとかがやく可憐な小鳥が、バンビとよばれるむすめをどこかへつれていってしまいそうな、ぞくぞくする世界が描かれます。
神秘的で、目がはなせません。

前後の見返しにほのかに描かれた牝鹿の美しさが、胸を打ちます。
よくなめされた皮の裏地のピンクがはっとするほど美しく、心に残ります。
はかない美しさがにおいたつ絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

鹿皮のスカートをはいた美しい娘、バンビのもとに、美しい白い小鳥がやってきます。小鳥はバンビを誘うように、春の花園、美しい夜空の下、秋の森に誘い出します。そして、ある日、小鳥がバンビを連れていった冬の湖に、一頭の牡鹿がやってきます――。バンビと小鳥がいる幻想的な風景が次々に鮮やかに立ちあがり、グリム童話のような寓話的な物語が展開し、読む人の心をとらえます。鮮やかなイメージがくっきりと残る美しい絵本。

ベストレビュー

大人の絵本

かわいいものが大好きな女子や、大人の女性が
いいなあ、素敵だなあと思う絵本です。
素敵だなあと思いながらも「革製品」が好きな私は
なんとなく複雑な気持ちにもなったりして。
バンビが目覚めることができて、そして孫娘に物語る
ことができて(きっとバンビはおばあちゃんですよね?)
安心しました。
(ぽこさんママさん 50代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


樋上公実子さんのその他の作品

チョコレータひめ



『とびだせビャクドー! ジッセンジャー』森田まさのりさんインタビュー

バンビと小鳥

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット