ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
すみれちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

すみれちゃん

  • 児童書
作: 石井 睦美
絵: 黒井 健
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「すみれちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年12月
ISBN: 9784033452708

小学初級から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

小さいけれどおしゃまでおしゃれなおんなのこ、すみれちゃんに妹ができました。姉妹の毎日をユーモラスに描く傑作連作童話。

ベストレビュー

気持ちを歌に

小2の娘が背伸びをせずに読める本を探していました。
低学年向けの本で、おやっと思わせる本ってなかなか見つけるのが
難しいんです。この本は、お友だちの日記で知りました。

すみれちゃんは、自分の思った気持ちを歌にします。
その歌はまるで、「ジャムつきパンとフランシス」のフランシスみたい。

ちょっぴり感じた不満、でも、どこかクスッと笑えちゃう歌。
妹のかりんちゃんが生まれたことで、ちょっとヤキモチをやいたり
するかな、と思ったら、違うんです。

かりんちゃんは何もなくても、ママが面倒を見てくれる、じゃあ
あたしが歩かなくて喋らなかったら、どうなるんだろう?と
不思議に思っちゃうんです。

ここがすみれちゃんの魅力。
どうしてだろう?どうなるんだろう?と思ったことを、素直な気持ちで
実行しちゃう。そして、ちゃーんと最後にはすみれちゃんが、自分で
納得できるんだから、すごいことです。

そっと、すみれちゃんのことを受け止めるママも、振り回されるパパも
素敵です。
(ねがいさん 30代・ママ 女の子7歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


石井 睦美さんのその他の作品

ビアトリクス・ポターとかわいそうなテンジクネズミのはなし / ちいさなオレグ / 世界でいちばんすばらしいもの / 10歳までに読みたい世界名作(11) ふしぎの国のアリス / 鮎はママの子 / お金のない王女のおはなし

黒井 健さんのその他の作品

みどりのはしご / あきいろのころわん / おつきみ / アンティーク・シオンの小さなきせき / ありがとうの道 / なかないで なかないで



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

すみれちゃん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット