話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ
にん者とうがん太郎

にん者とうがん太郎

  • 絵本
作: 清水 達也
絵: 篠崎 三朗
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2001年
ISBN: 9784251009319

出版社のおすすめ年齢:低学年〜

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「とうがん(冬瓜)」から生まれたとうがん太郎は、困っている村人を助けるため、にんじゅつを使い、山賊にむかっていった……。

ベストレビュー

にんじゃ?とうがん?

昔話っぽい渋めの絵が好きな娘が図書館で選んで借りた絵本です。
山賊に襲われ困っている村人たち、代々忍者の家柄だという太平さんは村長になんとかならないかと相談され、おじいさんが死ぬ時に渡された種をまきます。すると大きな冬瓜ができて、冬瓜を切ろうとしたらなかから「にん者とうがん太郎」が出てきます。
う〜ん、桃太郎に慣れ親しんでいる娘に「冬瓜」とは、ちと微妙。
でも、まあ読みすすめていくと、とうがん太郎があんかけとうがんの「あん」になって山賊を退治してくれるのですが、これって忍術なのか?とうがん太郎は忍者というより妖精かお化け的な存在です。
つっこみどころ満載ですが、深く考えずに読むには楽しいですよ。
(ぎんにゃんさん 30代・ママ 女の子3歳、男の子1歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,282円
1,100円
1,100円
1,408円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
638円
550円
550円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

にん者とうがん太郎

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら