新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

もんだい

もんだい

  • 絵本
作: 井筒 啓之
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,980

「もんだい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2016年12月10日
ISBN: 9784265812011

出版社のおすすめ年齢:高学年〜
B5判・32ページ

みどころ

続きを読む
もんだい

もんだい

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

哲学のはじめの第1歩♪

「もんだい」・・・「問題」???
表紙のセンスからして
対象は、小さい子ではない ですね

と、有名な
学校でお勉強した方々が登場し
その方の業績をなした有名な事柄で
「問題」を出しているんです

それも、とても簡潔な文章
「〜とは、なんですか?」

まずは「あなたは なぜ あなたなのですか?」 パスカル
「あなたは なぜ 生きるのですか?」 ソクラテス
「美」「病気」「勝利」「恋」「時間」・・・・等 いろいろありまして
最後がニーチェで
私は、「う〜ん」と唸りました(笑

絵の
色も素敵
紙の質感もなんか素敵
センスが素敵です
その方々のイメージ通りといいますか
写実的ではないのですが
読み手に、、ぐっと迫ってくる感じなんです

問題に対する答えはなく
自分で、
一緒に読んでいる人と
考えて、意見を出して
答えのない答えを考えるーのでしょうか

「哲学」のはじめの第1歩

道徳の教科書について
いろいろニュースで聞かされますが
いろいろ問題が出てきそうな教材ではなく
こういう絵本を使って
グループ討議や
クラスでの意見交換とか
するのは、いかがでしょ!?

答えは、ひとつではないはず
いろんな意見を聞きたいし
どういう方向に向かうのか
その過程も見てみたいですね

小学生だけでなく
中・高校生でも
大人でもOKかと思います

お年寄りとのコラボだとどうでしょ!?
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,650円
1,078円
3,300円
748円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,980円
440円
10,780円
825円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

もんだい

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら