すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
りゅうぐうへいったさる(チャイルド本社刊)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

りゅうぐうへいったさる(チャイルド本社刊)

作: 香山 美子
絵: 間瀬 なおかた
出版社: チャイルド本社

本体価格: ¥448 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「りゅうぐうへいったさる(チャイルド本社刊)」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年08月
ISBN: 9784805426142

4・5歳から

出版社からの紹介

重い病気にかかってしまったおとひめ様。なおすには生きた猿の肝が必要です。そこで亀が猿を捕まえてくることになりますが…。(埼玉県他の昔話より)

ベストレビュー

猿の肝をとってこよう

深い海の底の竜宮で乙姫様が重い病にかかりました。
猿の肝を食べればどんな病気も治るというので
早速カメが猿を探しに行きます。
竜宮見たさにカメに、ほいほいと連れられてきた猿は
知恵をしぼって危機を脱します。
「猿の生き胆」とか「くらげの骨なし」などと同じようなお話ですが、
結末が少しちがいます。
こちらもユーモアたっぷりで楽しめました。
肝という言葉は小さい子にはなじみがないのですが、
この作品では「猿のお腹の中にある きも」と説明も交えて
書かれていてわかりやすいなと思いました。
いろいろに伝えられる昔話は比べながら読むのも楽しいですね。
(ポポロさん 30代・ママ 男の子7歳)

出版社おすすめ


香山 美子さんのその他の作品

もういいよったらもういいよ / おはなしゆびさん / 紙芝居 ぼくってだれ? / どんぐりもりのおきゃくさん / コロンブス / 大きな大きな絵本 ろばさんの かわいい バッグ(チャイルド本社刊)

間瀬 なおかたさんのその他の作品

にんじゃはなまる / しんかんせんでいこう 日本列島 北から南へ / うみやまてつどう ふしぎなえかきさん / はしれ!きかんしゃまめでん / うみやまてつどう いるかがとぶうみ / おとぎれっしゃ しゅっぱつしんこう!



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

りゅうぐうへいったさる(チャイルド本社刊)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット