新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 学べる
りゅうぐうへいったさる(チャイルド本社刊)

りゅうぐうへいったさる(チャイルド本社刊)

作: 香山 美子
絵: 間瀬 なおかた
出版社: チャイルド本社

税込価格: ¥493

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年08月
ISBN: 9784805426142

出版社のおすすめ年齢:4・5歳〜

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

重い病気にかかってしまったおとひめ様。なおすには生きた猿の肝が必要です。そこで亀が猿を捕まえてくることになりますが…。(埼玉県他の昔話より)

ベストレビュー

猿の肝をとってこよう

深い海の底の竜宮で乙姫様が重い病にかかりました。
猿の肝を食べればどんな病気も治るというので
早速カメが猿を探しに行きます。
竜宮見たさにカメに、ほいほいと連れられてきた猿は
知恵をしぼって危機を脱します。
「猿の生き胆」とか「くらげの骨なし」などと同じようなお話ですが、
結末が少しちがいます。
こちらもユーモアたっぷりで楽しめました。
肝という言葉は小さい子にはなじみがないのですが、
この作品では「猿のお腹の中にある きも」と説明も交えて
書かれていてわかりやすいなと思いました。
いろいろに伝えられる昔話は比べながら読むのも楽しいですね。
(ポポロさん 30代・ママ 男の子7歳)

関連記事

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

りゅうぐうへいったさる(チャイルド本社刊)

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら