ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
花火になったたこくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

花火になったたこくん

  • 絵本
作: 西本 鶏介
絵: 辰己雅章
出版社: 旺文社

本体価格: ¥1,238 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「花火になったたこくん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784010691595

小学1・2年生

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

海の底にすむたこくんは空を飛ぶのが夢だった。花火大会の夜、たこくんはついに夢を実現した。勇気を出して、花火に乗ったのだ!

ベストレビュー

たこの夢 かなう

空を飛びたいという夢をもつたこくん。
ときどき水面に顔を出しては空を眺める。夜、寝て見る夢も
雲に乗って空を飛んでいる夢。その時「どどん」という大きな音で目を覚まし海の上に顔を出してみた。空に大きな花がたくさん咲いている。それを見上げている人間の歓声も聞こえる。
たこくんが花火を揚げているいかだに近づき、筒に玉を入れて打ち上げているのだと解り、これはチャンス!人間の目を盗み筒の中に入り込み、ひゅるるると高く打ち上げられた。海がどんどん遠くなり星が目の前でチカチカする。やった、空を飛んでる!
そのとたんドカーンと花火が咲いた。たこくんも足をいっぱいにひろげた。やけどをあちこちにしたけれど、とっても満足なたこくん。
チャレンジャーなたこの話。無茶だな〜と思う反面夢をかなえる為の努力というか、前向きな姿勢というか、見習わなければ・・
筒の中にしのびこもうとコソ〜っとしている絵がおもしろい。
低学年から自分で読めると思います。
(ねーねーさん 30代・ママ 女の子11歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


西本 鶏介さんのその他の作品

ミツバチぎんの おくりもの / シンデレラ / しあわせなおうじ / はだかのおうさま / ポプラ世界名作童話(7) アンデルセン童話 / 名作よんでよんで はじめての伝記15話

辰己雅章さんのその他の作品

しっぽを出したお月さま / ねこのよめいり



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

花火になったたこくん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット