ちょきちょきブロッコリーさん ちょきちょきブロッコリーさん ちょきちょきブロッコリーさんの試し読みができます!
作・絵: ふくだ じゅんこ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ブロッコリーさんに髪の毛を切ってもらおう!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
イソップ物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

イソップ物語

作: イソップ
文: 内田 麟太郎
絵: 高畠 純
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「イソップ物語」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年11月
ISBN: 9784591151853

小学低学年
22cm x 15.5cm 150ページ

出版社からの紹介

「イソップ物語」はイソップによって書かれた本ではありません。そうではなく、イソップによって「語られたもの」と言われています。どういうことかというと、イソップが自分で作った『イソップ物語』を、街の辻つじで行き交う人に向かって語っていたというわけです。イソップの語りはたいへんじょうずで、そして、人気があったのでしょう。当時もきっと忙しく行き来していたであろう、道行く人々の足を止めていたのですから。イソップの教訓や風刺をふくんだ語りの魅力は、時代が進んでも色あせることはありませんでした。ついに、後の時代の人が文字にして残すまでになったのです。それが、いまに残る『イソップ物語』です。さてこの、内田麟太郎が描く『イソップ物語』です。このイソップは、これまでのイソップ物語とはひと味もふた味もちがいます。以下は、内田麟太郎さんの言葉です。「私はもっと語りの魅力をとりもどした、イソップ物語を書きたくなりました。さいわいなことに、私たちの国には落語といううれしい話芸があります。そこから「マクラ」と「オチ」をいただきました。読んで笑える『イソップ物語』です。元祖笑々亭麟之助『イソップ物語』でございます。本邦初演。いいえ、もしかしたら世界でも初めての。」世界初の「イソップ語り」の『イソップ物語』どうぞお楽しみください。お後がよろしいようで……。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


イソップさんのその他の作品

とかいのねずみといなかのねずみ / イソップおはなし絵本 / まちのねずみといなかのねずみ / イソップ物語 / イソップ寓話集 / うさぎとかめ

内田 麟太郎さんのその他の作品

ともだちなんかいらない / ぶきゃぶきゃぶー / たまたまタヌキ / ぐるぐるぐる / ぼくだってトカゲ / なみだは あふれるままに

高畠 純さんのその他の作品

モンスター・ホテルでパトロール / ノボルくんとフラミンゴのつえ / モンスター・ホテルでそっくりさん / アリス館のよみきかせ大型絵本 どうぶつしんちょうそくてい / おおどろぼうヌスート / かばのさら・ばらのかさ



おもしろイラスト盛りだくさん!こどものためのしんぶん絵本

イソップ物語

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット