話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
Oじいさんのチェロ

Oじいさんのチェロ

  • 絵本
作: J.カトラー
絵: G.コーチ
訳: タケカワユキヒデ
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2001年
ISBN: 9784251009289

小学校低学年以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

戦時下であっても、人間性を失わない音楽家Oじいさんのチェロの響きは、人々にやさしい気持ちを思い出させ、勇気を与えてくれるのでした。

ベストレビュー

音楽があれば頑張れる

戦火の町に住む女の子が語り手です。

めちゃくちゃになってしまった町。
男手は皆、戦争に出かけてしまい、残されているのは子ども、女性、老人、病人だけ。
その人々が、週に1回、配給物資をもとめて広場にやってきます。
そこには、人とろくに話もせず、「オー」と怒ってばかりの「O(オー)じいさん」もいました。
ある日、その広場も攻撃され、絶望が人々の心を満たしそうになったとき、Oじいさんが、その広場でチェロを弾き始めるのです。
美しいバッハの旋律は、生きる勇気を与えてくれます。
しかし、そんなOじいさんを敵が放っておくはずはなく、攻撃を受けて大事なチェロが壊れてしまうのです。
わずかな楽しみさえ失われたかに思われましたが、再びOじいさんは広場に現れます。そして…。

女の子の心を解かし、人々から怒りや恐怖を忘れさせる音楽の力。
そして弱者の心を癒す、その力さえも容赦なく破壊する戦争のむごさ。
物語の中では戦争は終わりません。Oじいさんは再び攻撃されてしまうのでしょうか?

「いいお父さん」としても有名な、タケカワユキヒデさんの訳です。
(わらはべさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どーこかな?
    どーこかな?の試し読みができます!
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか



堀内誠一さん生誕90周年連載 50年の時を超えた合作・谷川俊太郎×堀内誠一『ちちんぷいぷい』

Oじいさんのチェロ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット