たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
小学館ジュニア文庫 いじめ−勇気の翼−
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小学館ジュニア文庫 いじめ−勇気の翼−

  • 児童書
著: 武内 昌美
原作・イラスト: 五十嵐 かおる
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年01月25日
ISBN: 9784092311398

7歳〜15歳
新書判・192P

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

大反響シリーズ9弾

これは遊びだ……。仲良しグループの中には、いじられキャラの女の子がいる。だけどその子はいつも笑っていた。だから凛花は思ったんだ、「これはいじめじゃない」って……。でもそれって、ホントかな…?

「いじめは絶対ダメ」。
凛花の母が事あるごとに言っていた言葉だ。
普段は優しくて穏やかな母。
だけど、いじめの話になると、厳しい口調で凛花に言うのだ、「いじめを見たら絶対止めて」と。

もちろん凛花はいじめなんてしない。凛花はもともと争いごとを好まない性格だ。
だけど凛花のグループにいる、いじられキャラの女の子。
彼女は何をされてもニコニコ笑っていた。
だから思っていたのだ、“これは仲良しグループの遊びだ”って。

私はお母さんの言葉を裏切ってはいない……。

ネットや新聞で話題ふっとうの「いじめ」シリーズ。
母と娘の関係。クラスの出来事に対して、常に傍観者の立場を貫く自分。

様々な想いを背負ったノベルス第9弾がついに登場。

ベストレビュー

遊びではなくていじめです

グループ内で明らかに楽しくない思いをしている子、いじられ役ポジションでこれは遊びだよ、と言うけれど…。遊びではなくていじめです。
いじめられている子が「嫌だ、いじめだ、助けて」等、SOSを出してくれるとたしかにわかりやすくはあるのだけれど、なかなかSOSを出すのも勇気がいるようですね。
取り返しがつかなくなる前に動けるでしょうか…?
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • オヤジの海
    オヤジの海の試し読みができます!
    オヤジの海
    作・絵:さくらせかい 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    『いしゃがよい』のさくらせかいこれが幻のデビュー作品!
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

武内 昌美さんのその他の作品

小学館ジュニア文庫 いじめ−闇の中の歌声− / 小学館ジュニア文庫 いじめ−行き止まりの季節− / いじめ−友だちという鎖− / 小学館ジュニア文庫 いじめ―うつろな絆― / 小学館ジュニア文庫 いじめー過去へのエールー / いじめ−引き裂かれた友情−

五十嵐 かおるさんのその他の作品

いじめ −残酷な放課後− / いじめ −明日へのキズナ− / いじめ−学校という名の戦場− / いじめ−いつわりの楽園− / いじめ 心の星を信じて / いじめ ─負けない勇気―



自動販売機のボタンを押して、何がでるかはお楽しみ♪

小学館ジュニア文庫 いじめ−勇気の翼−

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット