もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ

  • 絵本
文: ナンシー・チャーニン
絵: ジェズ・ツヤ
訳: 斉藤 洋
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年10月
ISBN: 9784895728997

小学校低学年から
A4変型判・32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

1890年代のアメリカ、大リーグ。

「ストライク」や「セーフ」などの審判のジェスチャー、チーム内のサインを考案し、観客を熱狂させた、聴覚障がいをもつ選手、ウィリアム・ホイの活躍を描いた楽しい伝記。

野球ファン必読の絵本!

ベストレビュー

審判ジェスチャーやサインプレー

2017年度読書感想文コンクール小学校中学年の部課題図書。
もちろん、実話なのですが、その内容にかなりのインパクトがありました。
1862年生まれのウィリアム・ホイは、野球の才能があったのですが、
聴覚障がいがあったのですね。
だからこそ、自分に不利な状況を改善するために、審判ジェスチャーやサインプレーを編み出し、
それが今も続いて入るのですね。
これは、障がい者の視点が、健常者にも有益だということを示していますね。
メジャーリーガーにまでなったウィリアム、素晴らしいです。
実話だからこその説得力に脱帽です。
2008年の課題図書、『耳の聞こえない子がわたります』も併せて読んでほしいです。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


斉藤 洋さんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / シンデレラのねずみ / ナツカのおばけ事件簿 (16) 図書館の怪談 / 西遊記(12) 珠の巻 / おやすみなさいの おともだち / ふしぎなどうぶつランド



『あーん』イベント&おうちレポート

耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット