ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
こだぬき、ぽんたとばけくらべ!ばけたくんはかてるかな〜!?
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ハロウィーンって なぁに?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ハロウィーンって なぁに?

  • 絵本
作: クリステル・デモワノー
訳: 中島 さおり
出版社: 主婦の友社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年09月13日
ISBN: 9784072525005

4才から
AB判 32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

日本ではじめてのハロウィーン絵本。
ちびっこ魔女のビビといっしょに、ハロウィーンのすべてを楽しみましょう。
「ハロウィーンってなぁに?」という知りたがりやの子どもたちと、
ハロウィーンを楽しみたい大人のための、
かわいくて、楽しくて、わかりやすい1冊です。
物語を読みすすむうちに、ハロウィーンの由来がわかり、
かぼちゃのランタンやかぼちゃのタルト、
かぼちゃのリバンベルの作り方までわかります。
さらに、おばけや吸血鬼、ガイコツやいじわる魔法使いなどに
変身できちゃう、こわ〜い仮装のしかたもバッチリ。
準備ができたらでかけましょう。
「おかし くれなきゃ いたずら するぞ!」
ハロウィーンの始まりです!

ハロウィーンって なぁに?

ベストレビュー

この時期やっぱり読みたい

まだ少し早いかな?と思いつつ3年前に購入したハロウィンのこの本。毎年この時期だけでなく何度も「読んで」と持ってきます。やっぱり子どもには魔女とかおばけとか、恐いけど気になる存在みたい。ハロウィンの話だけじゃなく仮装のしかたやかぼちゃのお料理まで載ってて、小学校になってもまだまだ楽しめそうな予感です。
(赤青黄さん 30代・ママ 男の子5歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中島 さおりさんのその他の作品

そらいろ男爵 / 赤ちゃんが生まれる(幼年版) / 赤ちゃんが生まれる



『ドームがたり』読み聞かせレポート

ハロウィーンって なぁに?

みんなの声(45人)

絵本の評価(4.26

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット