十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
かぼちゃものがたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かぼちゃものがたり

  • 絵本
作・絵: 真珠 まりこ
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「かぼちゃものがたり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784052012457

幼児〜小学生(低学年)

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ある日、貧しい男の人が森の中でかぼちゃの種を見つけた。その種を庭にうめて大事に育てると、年々大きな実をつけていく。最初はスープやろうそく立てを作っていたが、その後、かぼちゃで家具や家まで作るようになり、ついにはかぼちゃホテルまで建った……。

ベストレビュー

夢や希望はでっかい方がいい!

ハロウィーンの季節に、かぼちゃを題材にしたお話しを読んでみようと
家読を楽しみました。

貧しい男が道を歩いてるときに見付けたかぼちゃの種。
家に帰って植えてみると、おいしいかぼちゃがたくさんできて・・・
栽培してるカボチャが小さな物からだんだんと大きくなっていったり
豊作になるに連れて、男や周りの人々の生活も安定していく様が
重なってたりして、読んでる私たちも安心感でいっぱいになりました。

また、男が作るかぼちゃのオブジェ?
がとてもユニークで「かぼちゃでこんなの作れるの〜?」
って自分でも作ってみたくなりますね!
ラストにはとうとうこんな物まで???と、ビックリするものまで
作っちゃうので、どんどん夢が大きくなって
お話しの続きがあったら次はどんな物ができるんだろう?
と、読後もワクワク感が残るお話しでした。
(かおりせんせいさん 30代・ママ 女の子9歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


真珠 まりこさんのその他の作品

もったいないばあさんの知恵袋 / かまくらレストラン / おたからパン / もったいないばあさんの てんごくと じごくのはなし / イカになあれ / ぽんぽん



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

かぼちゃものがたり

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット