おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
【夏を楽しむページ】ひゅ〜どんどこ!絵本ナビの夏祭り2017
リターン 洞くつ壁画のまほう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リターン 洞くつ壁画のまほう

  • 絵本
作: アーロン・ベッカー
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年01月25日
ISBN: 9784062831024

6さいから
40ページ

みどころ

世界で話題の「文字のない絵本」。
コルデコット賞オナー賞作家アーロン・ベッカーが描く、『ジャーニー』『クエスト』につづく『リターン』。
本書で三部作が完成です。

なにやら製図台にむかって仕事をしているお父さんらしき人と、うしろで赤い凧を手にする少女。
少女はお父さんの後ろ姿を見つめ、頭には王冠をかぶっています。

少女は、お父さんの仕事場を出て、自分の部屋の壁に、赤いマーカーで扉を描きました。
描いたものが実際にあらわれる、まほうのマーカーをもつ少女。
少女がいつのまにかいなくなったことに気づいたお父さんは、赤い扉を見つけ、扉をくぐってふしぎな空間へ足を踏み出します。

桟橋から堀をゆく小舟にのって、少女を追いかけるお父さん。
たどりついた王宮には王様らしき人がいますが、なぞの兵士たちがやってきてマーカーを奪おうとし、少女たちは空へ逃げます。
黄色いマーカーから剣が生まれ、紫のマーカーから空をとぶ獣が生まれ、場面はつぎつぎ展開します。
空から海中へ。そして、壁画が描かれた洞窟の中へ……。

親子の冒険は、いつのまにかだいじなものをとりもどします。

画面いっぱいに、立体的に描かれた世界は、吸い込まれそうになる魅力があります。
個人的には海中で少女が描いた赤い潜水艇がお気に入り!
少女が見張りをし、お父さんが運転席に座るチームワーク。
水をかきまわすスクリューが泡を吐き出し、水中をすすんでいく場面にわくわくします。

それぞれ好きな場面を見つけて、イメージを思いっきりふくらませて楽しんでくださいね。

ちなみに作者のアローン・ベッカーのお母さんは天文学の教師で、その影響で宇宙の絵を描きはじめたそうです。
本書で少女がかぶる王冠は、『クエスト』の最後でもらったもの。
三部作あわせて見ることで、絵の符合する部分を発見し、より深く味わうのもおすすめです。
ダイナミックな冒険の世界にまぎれこんで、静かな興奮を味わってくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

少女の冒険の旅が三たび始まる。コルデコットオナー賞受賞作『ジャーニー』と、その続編『クエスト』に続く旅の第三作!

ベストレビュー

想像力を使って

「ジャーニー」「クエスト」の続きです。三部作の完結編です。
描いたものが本物になる不思議なマーカーと、それを使って大活躍する女の子の絵本です。今回は女の子のお父さんも一緒に冒険をします。今回は王様や悪者のお話だけでなく、親子愛もテーマになっています。冒険を通して、女の子がお父さんと心を通わせていくところも描かれます。
字はなくて、絵をみて想像を膨らましながら読む絵本です。テレビや刺激の強い本などに影響をされている娘ですが、ちゃんと想像をしながらこの本を楽しむことが出来ました。なんだかうれしくなりました。親子で「これってこういうことかなぁ」とか話しながら読めるのもいいですね。
ぜひ、はじめから順番に読んでみてほしいです。
(じっこさん 30代・ママ 女の子5歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アーロン・ベッカーさんのその他の作品

クエスト にじいろの地図のなぞ / ジャーニー 女の子とまほうのマーカー



くまのパンやでパピプペポ♪おいしいパンをめぐって起こるお話

リターン 洞くつ壁画のまほう

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット