雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
サバンナを生きる キリンのこども
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サバンナを生きる キリンのこども

  • 絵本
写真・文: ガブリエラ・シュテープラー
訳: たかはし ふみこ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年01月31日
ISBN: 9784198643317

小学校中高学年から
25cm・48ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

サバンナで生きる動物たちのありのままの姿を写真に収め、世界的に高く評価される著者が描く、大迫力の写真絵本シリーズ。

やさしい目、独特の模様、そしてすらりと長い首。
今回のテーマはキリンです!

一頭の母キリンが、群れを離れて子を生みました。
生まれた瞬間から、多くの捕食者に命を狙われことになる、赤ちゃんキリン。
赤ちゃんが立ち上がり歩けるようになると、捕食者から逃れるために、キリンの母子は急いでその場を離れなければなりません。
本作の母子がそうして出産現場から逃げたのは、赤ちゃんが産まれてからわずか1時間後のこと!

しかも赤ちゃんは産まれるときに、2メートルもの高さから、どすん、と落っこちてくるのです!
地球上でもっとも背の高い動物であるキリン。
そのことを考えてみれば当然なのかもしれませんが、赤ちゃんが頭を下にして2メートルもの高さから産み落とされるだなんて、衝撃的です。

また、おとながエサを探しに出るとき、子どものキリンたちは一カ所に集められ、世話役を任された一頭のおとなと共に、その場に残ります。
そう、キリンはなんと、そうして『キリンの幼稚園』をつくるんです!

もちろんこの作品の魅力は、キリンの生態を学べるということにとどまりません。
このシリーズ最大のみどころはやはり、きびしいサバンナの自然を生きる動物たちの生態にせまった、生命力ほとばしる大迫力の写真です!

幼いキリンの首で羽を休める、カラフルなくちばしの鳥たち。
みずみずしい緑の木立にたたずむ、シマウマとキリンの模様のコントラスト。
サバンナをゆくキリンの親子、そのすらりと高い立ち姿の、なんと気高く優雅なことでしょう。
そして、獲物を探すライオンと、遠くでその様子をうかがう母キリンをひとつのフレームに収めた一枚は、思わずこちらも息をひそめてしまうほどの緊張感!

まさしくこの一瞬を切り取ったからこそ伝わる、エネルギッシュな野生のリアルは、映像や動物園で見るのとはまた違う迫力に満ち満ちています。
おとなにもぜひ読んでほしい、楽しく学べる一冊です。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

キリンは、立ったまま子どもを産みます。二メートルの高さから地面に生れ落ちた子どもは、一時間ほどで母親について歩き出します…。あまり知られていない野生のキリンの興味深い生態を、動物写真家が丹念に追いかけ取材した写真絵本。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ガブリエラ・シュテープラーさんのその他の作品

サバンナを生きる カバのこども / サバンナを生きる シマウマのこども / サバンナを生きる ライオンのこども  / サバンナを生きる ゾウのこども

たかはし ふみこさんのその他の作品

ライオンがいないどうぶつ園 / 空からきたひつじ / しょうぼうしょは大いそがし



『トリック オア トリート!』岡村志満子さんインタビュー

サバンナを生きる キリンのこども

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット