おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろうの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケさん、待望の最新刊! もれたって、いいじゃないか、ちょっぴりなんだから!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
いわたくんちのおばあちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いわたくんちのおばあちゃん

  • 絵本
作: 天野 夏美
絵: はまの ゆか
出版社: 主婦の友社

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いわたくんちのおばあちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年08月
ISBN: 9784072533048

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

家族で、そして学校で。子どもたちといっしょに読み、考えてください。4年生の男の子の目を通して平和と家族の尊さを描く1冊の本。……実話に基づくお話です。

いわたくんちのおばあちゃん

ベストレビュー

読み語りの時は、さらりと優しい風のように

少し前で、ナビのお薦めに載っていたような気がして、探してきました。
絵は、どこかで見たことがあると思ったら、村上春樹さんの「13歳のハローワーク」のイラストを担当された「はまのゆか」さんでした。

正直、冒頭の何ページか(いわたくんと主人公「ぼく」との関係性を説明する部分)は「…?」と思わなくもなかったのですが、
いわたくんのおばあちゃんが登場するあたりから、物語は本筋に入っていきます。

そして、最後の後書きのページを開いて、涙が止まらなくなりました。
「本当の話だったんですね」
こんな家族の写真を持っていたら、写真を撮りたくなくなる気持ち、わかります。

読み語りとして使うと、少々長い気もしますが、
読んだ後、悲しみや暗い気持ではなく、未来への「想い」を感じることができる作品なので、高学年の子どもたちに読んでみたいと思いました。

ただ、感情を入れ過ぎると、泣けちゃうと思うので、
さらりと伝える優しい風のような読み語りを心がけたいです。

読み終わった後の気分は「すみれ島」を読んだときと似ています。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


はまの ゆかさんのその他の作品

ママが10にん!? / へたなんよ / やだやだパパやだ! / 小学校の生活 / ココアラ / かぐやのかご



主役は、はたらく車。たのしい刺激がつまったしかけ絵本

いわたくんちのおばあちゃん



全ページためしよみ
年齢別絵本セット