くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ブチョロビッチョロはどこ?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ブチョロビッチョロはどこ?

  • 絵本
作・絵: 大島 妙子
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ブチョロビッチョロはどこ?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年10月
ISBN: 9784052026843

幼児〜小学生(低学年)

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ブチョロビッチョロは、チコちゃんの家のネコ。毎日同じごはんに、チコちゃんとの遊び、どれにも嫌気がさして、ブチョロビッチョロは、とうとう家出を決行してしまいます! ユーモア溢れる語り口が楽しい作品です。

ベストレビュー

大島妙子さんの作品だったので

大島妙子さんの作品が大好きなのでこの絵本を選びました。ストーリーも面白かったのですが、私は猫同士のコミニュケーションの良さにとても驚き嬉しかったです。携帯もないのに友達がどこにいるのか分かっているし。窓にへばりついて皆で中を覗き込む場面なぞは私は本当に大好きです。登場する女の子も表情豊かで感性が高くてとてもいいです。見ていて最後まで飽きない絵本でした。大島妙子さんの魅力を十分に感じられる絵本でした。
(ぴょーん爺の娘さん 20代・ママ 女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大島 妙子さんのその他の作品

はなやのおばさん / かたあしの母すずめ / オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ / 空をけっとばせ / ビリンちゃんのもちがっせん / オニのサラリーマン



新潮文庫3200万部刊行、星 新一の小説が絵本に!

ブチョロビッチョロはどこ?

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット