新刊
スノーマン クリスマスのお話

スノーマン クリスマスのお話(評論社)

クリスマスならではの「奇跡」をお楽しみください。

  • かわいい
  • ギフト
  • ためしよみ
新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

エルマーとりゅう

エルマーとりゅう

  • 児童書
作: ルース・スタイルス・ガネット
絵: ルース・クリスマン・ガネット
訳: 渡辺 茂男
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1964年08月
ISBN: 9784834000351

読んであげるなら・5・6才から
自分で読むなら・小学低学年から
ページ数:128
サイズ:22X16cm

この作品が含まれるシリーズ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

「エルマーのぼうけん」の続編。ぶじ動物島を脱出したエルマーとりゅうが、「知りたがり病」という病気をめぐって大活躍。一度読みはじめたらやめられない抜群のおもしろさです。

空を飛んで家に帰る途中、エルマーとりゅうはひどい嵐に遭い、ある島の近くに不時着しました。そこはカナリヤだけが住んでいる島で、“しりたがりびょう”にかかっているカナリヤの王様は、秘密の宝箱を掘り出してくれと、エルマーたちにたのみます。ついに宝物を見つけ、王様の病気を治したエルマーとりゅうは、ふたたび空を飛んで、エルマーの家のある“かれき町”に着くことができました。

エルマーとりゅう

エルマーとりゅう

ベストレビュー

冒険!

年長の時に幼稚園で読んでもらったのを機に、子供が欲しがり買った本です。
年長さん向けの本かも。
エルマー君がりゅうといろいろな冒険をして歩くお話で、どきどきしたり心配したり宝物を手に入れたり・・・
今では、上の子もひらがなが読めるようになり、読みたいときに読み、機嫌のいいときは弟にも読んでやっている姿をよく見かける本です。
残念ながら私が読んであげたのは2.3回ですが、お兄ちゃんのお気に入りの本です。
特にりゅうが大好きで一時期は、福音館から出ている「いっしょにつくろう」という本にりゅうのぬいぐるみの作り方がのっていたので作ってやると、ぬいぐるみと一緒に寝たり積み木を利用して冒険のおままごとをしたりとかなり遊びました。
今、そのりゅうは遊びすぎてしっぽがもげてしまったので直し中です。
(もーさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子4歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > エルマーとりゅう

20周年記念えほん祭 ベストボロボロ絵本コンテスト受賞者決定!

エルマーとりゅう

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.66

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット