あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
エルマーとりゅう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

エルマーとりゅう

  • 児童書
作: ルース・スタイルス・ガネット
絵: ルース・クリスマン・ガネット
訳: 渡辺 茂男
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1964年08月
ISBN: 9784834000351

読んであげるなら・5・6才から
自分で読むなら・小学低学年から
ページ数:128
サイズ:22X16cm

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「エルマーのぼうけん」の続編。ぶじ動物島を脱出したエルマーとりゅうが、「知りたがり病」という病気をめぐって大活躍。一度読みはじめたらやめられない抜群のおもしろさです。

空を飛んで家に帰る途中、エルマーとりゅうはひどい嵐に遭い、ある島の近くに不時着しました。そこはカナリヤだけが住んでいる島で、“しりたがりびょう”にかかっているカナリヤの王様は、秘密の宝箱を掘り出してくれと、エルマーたちにたのみます。ついに宝物を見つけ、王様の病気を治したエルマーとりゅうは、ふたたび空を飛んで、エルマーの家のある“かれき町”に着くことができました。

ベストレビュー

冒険!

年長の時に幼稚園で読んでもらったのを機に、子供が欲しがり買った本です。
年長さん向けの本かも。
エルマー君がりゅうといろいろな冒険をして歩くお話で、どきどきしたり心配したり宝物を手に入れたり・・・
今では、上の子もひらがなが読めるようになり、読みたいときに読み、機嫌のいいときは弟にも読んでやっている姿をよく見かける本です。
残念ながら私が読んであげたのは2.3回ですが、お兄ちゃんのお気に入りの本です。
特にりゅうが大好きで一時期は、福音館から出ている「いっしょにつくろう」という本にりゅうのぬいぐるみの作り方がのっていたので作ってやると、ぬいぐるみと一緒に寝たり積み木を利用して冒険のおままごとをしたりとかなり遊びました。
今、そのりゅうは遊びすぎてしっぽがもげてしまったので直し中です。
(もーさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ルース・スタイルス・ガネットさんのその他の作品

エルマーのぼうけんすごろく / 愛蔵版 エルマーのぼうけんセット / ポケット版 エルマーのぼうけん全3冊セット / ポケット版 エルマーのぼうけん / ポケット版 エルマーとりゅう / ポケット版 エルマーと16ぴきのりゅう

ルース・クリスマン・ガネットさんのその他の作品

福音館文庫 ミス・ヒッコリーと森のなかまたち / My Father’s Dragon(エルマーのぼうけん) / エルマーと16ぴきのりゅう / エルマーのぼうけん / エルマーのぼうけんセット

渡辺 茂男さんのその他の作品

ダンプのがらっぱち / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ ひみつの塔の冒険 / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ ダイヤの館の冒険 / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ くらやみ城の冒険 / もくたんじどうしゃもくべえ / どうぶつたちのおかいもの



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

エルマーとりゅう

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.65

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット