雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
【夏を楽しむページ】ひゅ〜どんどこ!絵本ナビの夏祭り2017
子うさぎヌップのふわふわふとん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

子うさぎヌップのふわふわふとん

  • 絵本
作・絵: タルリーサ・ヴァルスタ
訳: 稲垣 美晴
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「子うさぎヌップのふわふわふとん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784251009241

小学校低学年以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

うさぎ一家の住む山に、きつね一家が引っ越してきました。うさぎの両親は外出を禁じますが、ヌップは黙って家を出てしまいます…。

ベストレビュー

美しい挿絵とやさしい動物たち

ストーリーとしては、きむらゆういち『あらしのよるに』と共通するものがあります。

子うさぎのヌップと子ギツネのバルデマル。
互いに相手が何という動物なのか知らずに「はじめてのともだち」となります。
それを知った双方の親たちは大反対!
それもそのはず。何しろ「こわいきつね」と「おいしいごちそう」なのです…。
悲しみのあまり2匹は家出をして……

第5回ミッケリ・イラストレーショントリエンナーレで第3位を受賞したという作品です。シルクスクリーンの技法を用いた美しい挿絵をみているだけでも、心が温かくなります。

ヌップが持ち出した「ふわふわふとん」にくるまって、2匹が向き合って眠っている絵を、わが娘はお気に入りだそうです。
(わらはべさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


稲垣 美晴さんのその他の作品

天使に守られて / 人形劇であそびましょう! / タトゥとパトゥのへんてこアルバイト / わんわん丘のゆかいな昔話 / いつまでも大切なもの / ぐっすりメーメさんのロックばんざい!



『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

子うさぎヌップのふわふわふとん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット