アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ちびおにビッキ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちびおにビッキ

  • 児童書
作・絵: 砂山 恵美子
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ちびおにビッキ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年03月10日
ISBN: 9784772190657

小学校低学年
214mm × 152mm 72ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

ビッキは、とうがらしのように真っ赤っかで、くりっとした目をした、おにの子。
頭には、もじゃもじゃの毛にうまるように、小さい角が一本はえています。
ビッキは家族と一緒に、おにの村に住んでいます。
お兄ちゃんとお姉ちゃんは、おにの学校に通っていますが、ビッキはまだ通えません。
なぜなら、大おに校長の金ぼうより背が大きくならないと入学できない決まりだから。
くやしいビッキは、いつか学校に入学し、授業についていけるようになるため、毎日ひとりで特訓を重ねますが……。

そんなビッキがある日、ひょんなことから、とんびにさらわれてしまいます!
空の高いところから「ギャーッ!」と落ちてしまうビッキはどうなるの!?

本書は「こぐまのどんどんぶんこ」シリーズの一冊。
本を読むのがちょっと苦手な子も、どんどんたのしく読めるようにと工夫された幼年童話シリーズです。
小学校低学年の子どもたちの1人読みにはぴったり。絵本の次に何を読もうかと迷っているお子さんがいたら、ぜひ手渡してあげたいシリーズです。

早く大きくなりたい、お兄ちゃんたちに追いつきたい!というビッキの気持ち……よくわかりますよね。
ひとりでがんばっているときにとんびにさらわれてしまう、ドキドキの展開に思わずひきこまれます。

それにしてもビッキがあこがれるだけあって、かみなり音頭やすもうの授業がある、おにの学校はおもしろそうですよ。
おにの村は、夕方、日のしずむ方向から目だけを右に動かしていって……ぎりぎりはじっこに、空がひときわ群青色になっている場所を探すとあるのだそうです。
おにの子ビッキに会いたくなったら、この本をよーく読んで、探してみてくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

ちびおにビッキ

ちびおにビッキ

出版社からの紹介

小さなおにの子ビッキは、お兄ちゃんたちと一緒におにの学校に行きたくてたまりません。でも学校に入るには授業についていけるだけの背丈と体力が必要。そのためビッキはひとり特訓を重ねています。そんなある日、思わぬことからトンビにさらわれて・・・!
小さな子どもが成長するドキドキと喜びが存分に描かれた一冊です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

砂山 恵美子さんのその他の作品

これなんてよむ? / ラーシアのみずくみ / まがなった



おいしいものをめぐるぼうけん、食べもののルーツを大紹介!

ちびおにビッキ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット