雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
しんちゃんのひつじ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しんちゃんのひつじ

作: 川村みどり
絵: すぎはら ともこ
出版社: 文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「しんちゃんのひつじ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

想像力

お父さんが出張に行った夜。
風がピューピュー吹いて、しんちゃんは怖くて眠れない。
お母さんに言ったら、
「羊を数えたらいい」という。
でも、羊って、何?
お母さんは教えてくれた。毛の長い動物で、毛でセーターを作るのだと。
しんちゃんは考える。…こんな動物?

あははは、作画のすぎはらさん、グッジョブ!!
しんちゃんの考える「羊」がともかくすごい。
子供の想像力は、なんと途方もないものなのでしょう。
どうやったら、あの羊が、こんな化け物に変わるのでしょうね。
しんちゃんは、「羊とはなんぞや」と、お兄ちゃんやお父さんにもたずねます。
その言葉で想像が積み重なります。
あらあら、なんてとんでもない怪物が出来上がっちゃったのでしょう!
これがあの羊とは…思わず絶句です。

とにかく笑える絵本でした。
(ルートビアさん 30代・ママ 男の子5歳)

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

すぎはら ともこさんのその他の作品

がんばれ ゆうくん 一年生 / あいうえおのうみで / こうえんのかみさま / ひみつのたね



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

しんちゃんのひつじ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット