雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
小学館ジュニア文庫 ルイ・ブライユ 暗闇に光を灯した十五歳の点字発明者
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小学館ジュニア文庫 ルイ・ブライユ 暗闇に光を灯した十五歳の点字発明者

  • 児童書
著: 山本 徳造
監: 広瀬 浩二郎
イラスト: 松浦 麻衣
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥680 +税

「小学館ジュニア文庫 ルイ・ブライユ 暗闇に光を灯した十五歳の点字発明者」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年03月22日
ISBN: 9784092311411

8歳〜15歳 一般
新書判・192P

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

15歳で点字を発明した天才の生涯

フランスのクーヴレ地方に生まれたルイ・ブライユは、5歳の時に全盲となってしまう。しかし、10歳の時にパリの盲学校に入学し、15歳の時に現在も世界中で使用されている6点点字を発明したのだった。

現在、世界中で広く使われている点字は、今から約190年前にフランスで発明されました。
発明者はなんと当時15歳の全盲の少年。
その名はルイ・ブライユといいます。

彼は5歳の時に全盲となるも、当時としては珍しく盲学校で教育を受けます。在学中に点字を発明し、その後もより使いやすいものにするために改良を続けて、世界中の目の見えない人々に希望の光を与えたのです。
しかし、ルイ・ブライユの発明は当初から周囲に受け入れられたものではなく、正式に彼の点字が認められたのは、彼が亡くなった後のことでした。

現在はフランスの偉人たちが眠るパンテオンに埋葬されるなど、世界中の人からその功績がたたえられているブライユ。
彼の生涯を、わかりやすくお届けします。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


広瀬 浩二郎さんのその他の作品

小学館版 学習まんが人物館 ルイ・ブライユ



自動販売機のボタンを押して、何がでるかはお楽しみ♪

小学館ジュニア文庫 ルイ・ブライユ 暗闇に光を灯した十五歳の点字発明者

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット