もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
おじいさんの てぶくろ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おじいさんの てぶくろ

  • 絵本
作・絵: ボリスラフ・ストエフ
訳: 寺村 輝夫
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「おじいさんの てぶくろ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

寒い冬がやってきて外は一面雪野原。おじいさんは、優しいおばあさんが編んでくれた、ほかほかの手袋をはめて隣の村へ。ところが、森の中で手袋を片方、落としてしまいます。動物たちは、落ちている手袋を見つけると、つぎつぎと中へ入っていきます。

ベストレビュー

そりゃ、無理でしょう

おじいさんがおばあさんに編んでもらった手袋を森の中で落としてしまいます。雪が降り積もっている森の中ではりねずみがその手袋をみつけ、中にもぐりこみご機嫌です。
次々に動物があらわれ、次々と手袋へもぐりこみます。
もう、パンパンに膨らんでぎゅうぎゅうのなかへ小さなねずみがはいったとたん、バリッビリッとやぶけてしまいます。
やぶけたてぶくろをそのままにして、どうぶつたちは帰っていきます。おじいさんは落としたことに気付き戻ってきたけど手袋はなぜか破れてしまっています。おばあさんにまた新しい手袋をあんでもらいました。

これは、ブルガリアの民話のようですが、日本にも似たような絵本があったと思います。冬のお話ですが、絵がとてもカラフルでにぎやかな感じがします。小さなてぶくろにくまのような大きな動物が入るのは無理でしょう、どう考えても・・・
でも、動物たちも暖かくすごせたし、おじいさんもおばあさんに新しい手袋を編んでもらえてHappy END
しかも、落とさないようにひも付きなんです!私も編み物をしますが、プレゼントの場合、その相手を思い編み上げます。プレゼントした時喜んでもらい、それを大事に使ってもらえると嬉しいんですよね〜(^。^)
(ねーねーさん 30代・ママ 女の子11歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


寺村 輝夫さんのその他の作品

みねこのみちくさ / 王さまかるた / 王さまABC / らいおんのがお <復刊傑作幼児絵本シリーズ 4> / ひよこのぴー <復刊傑作幼児絵本シリーズ 8> / おはようひまわりくん <復刊傑作幼児絵本シリーズ 12>



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

おじいさんの てぶくろ

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット