ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
夢金
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

夢金

  • 絵本
文: 立川 談春
絵: 寺門 孝之
編: ばば けんいち
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年01月20日
ISBN: 9784251095107

小学校低学年から
A4変型判/32ページ

出版社からの紹介

さまざまな流派の人気落語家10人の噺を、古典新作おりまぜ1冊ずつ絵本にする企画で、落語と絵本、ふたつの文化のコラボレーションを、たっぷりと楽しんでもらえるシリーズです。大トリとなる最終巻は、古典落語の人気作『夢金』。凍えるような冬の夜、金に目がない船頭のところにあらわれた、怪しいお客たちの正体は…? 新世代の名人・立川談春師匠の大迫力の口演を、寺門孝之さんが美しく妖艶な絵で絵本に封じこめます!


ベストレビュー

“くまこう”の小判の目がいいです。

「古典と新作らくご絵本シリーズ」この作品は10作目です。
編集はばばけんいちさんです。
主人公が大人で、お金の亡者のような大人のはなしなので、こうした子ども向けの絵本となってもどうかなぁと、思ったのですが、
立川談春さんのリズミカルで楽しい文章。
寺門孝之さんの思わず笑いたくなる“くまこう”の小判の目など、子どもたちにも受け入れやすい要素が多い作品になっていると感じました。
ちょっと重たい大人の駆け引きがあるので、小学校の高学年から中高生くらいの子どもたちの読み聞かせにいかがでしょうか。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子22歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


寺門 孝之さんのその他の作品

ながれ星のリリリ / たぬきがくるよ / おんなのしろいあし / おはなしのたからばこワイド愛蔵版(27) 猫とねずみのともぐらし / ぼくらのオペラ / 納豆の大ドンブリ

ばば けんいちさんのその他の作品

だんご屋政談 / 古典と新作 らくご絵本 (8) モモリン / とのさまと海 / ぬけすずめ / りきしの春 / 王子のきつね



押して振ってこすって…全身で楽しむ絵本!

夢金

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット