うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
いたずらおばあさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いたずらおばあさん

  • 児童書
作: 高楼 方子
絵: 千葉 史子
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「いたずらおばあさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年
ISBN: 9784577015261

小学校中学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

洋服研究家のエラババ先生が開発したのは、なんと1枚着るごとに1歳若返るという不思議な服でした…。

ベストレビュー

私も8歳の女の子になりたい

たかどのほうこさんの物語って好きです。
たかどのさんは、何歳なのかわかりませんが、いつまでも
子どもの心を持っているのだろうなあってすごく思うのです
(子どもの絵本や本を書いている人達はみんなそうなのかも
しれませんが)。私は、普段は子どもの頃のことなんて忘れて
すました大人の顔をして生きていますが、こんな本を読むと
思い出すんです。ああ、私も子どもの頃はこんなだったな、って。
エラババ先生とヒョコルさんは、8歳の女の子になって楽しく
やっているうちに、おばあさんに戻ってからも、なんだか8歳
の女の子みたいな雰囲気になってしまったようです。
読んでいてわくわくしました。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高楼 方子さんのその他の作品

十一月の扉 / ココの詩 / 時計坂の家 / 老嬢物語 / ニレの木広場のモモモ館 / リリコは眠れない

千葉 史子さんのその他の作品

角川つばさ文庫 ごちそうびっくり箱 / 十一月の扉 / だいすきだよ、オルヤンおじいちゃん / パレッタとふしぎなもくば / ポップコーンの魔法 / 時計坂の家



第12回 『あったかいな』の片山健さん

いたずらおばあさん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57




全ページためしよみ
年齢別絵本セット