モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
こびとのピコ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こびとのピコ

作: 寺村 輝夫
絵: 和歌山 静子
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥777 +税

「こびとのピコ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

オムくんのボールペンは、こびとが出てくる不思議なボールペン。いや
な宿題が出ても、ボールペンがひとりで動いてくれるのです!

ベストレビュー

不思議なボールペン

ぼくは王様シリーズであまりにも有名な、故寺村輝夫氏の一冊です。
これ、ものすごーく、主人公のオムくんに、感情移入してしまう本なんですよね。
面白くて、強烈に印象に残っています。
むかーし昔に読んだ本って、面白いことは覚えているのだけど、結構細部が抜けてたりしますが、
この本は、「ああ、そうそう!」「オムくん次はこうなるんだよね!」と覚えていました。
オムくん、という、当時、なんでこんなヘンな名前なの?と思っていた名前の主人公が(オサムくんなんでしょうね…今頃分かりました)もう、子供の等身大というか…
欲望とかが、自分そのもの、というか…
いやなもの、きらいなもの、こわいものがたくさんあるオムくん。
楽しいことばかりだった入学前とくらべて、小学校になるとやらなくちゃいけないことが格段に増えてくるので、これを読んだ小学校の頃、余計にオムくんには感情移入していました。

不思議なピカリと光るボールペンを拾ったオムくん。
これは、なんと、書けばそのとおりになる、不思議なボールペン。
「オムくんのいうこと」をなんでも聞いてくれる、こびとのピコが、出てくるボールペンなのです。

さあ、このボールペンで、オムくんはやりたい放題。
さんすうの宿題も、いやなイヌも大解決。学校に行くのがいやな時は、ピコに代わりに行って貰います。
子供のころ読んだ時は、ただただ羨ましい〜私もこんなボールペン拾いたい!でしたが、
今読むと、
「うらやましいけど、こんなボールペンがあったら、成長しないぞお、オムくん」
という気持ちも入ってきます。

オムくんのお母さんの描写がまたなんというか…。
どうして大人って、すぐに怒り出すんだろうな、とか
さんすうはこわくありませんが、問題を間違えたときのママの顔がこわいのです、とか。
極めつけは、ママたちは、機嫌のいいとき、嬉しいときは、みんなきれい。というくだり。
あ…は、は、ははは…と思わず母の身分の私は、力なく笑ってしまうのでした。

寺村さんらしい、ラストも秀逸です。
また、王様シリーズでもおなじみの、和歌山静子さんの絵が、懐かしく、自分が読んでいた頃を思い出させてくれます。
そう、金のボールペンを家やなんかで見かけたら、「ピコ?!」なんて、思っていたあの頃なんかが…。
(ルートビアさん 30代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


寺村 輝夫さんのその他の作品

みねこのみちくさ / 王さまかるた / 王さまABC / らいおんのがお <復刊傑作幼児絵本シリーズ 4> / ひよこのぴー <復刊傑作幼児絵本シリーズ 8> / おはようひまわりくん <復刊傑作幼児絵本シリーズ 12>

和歌山 静子さんのその他の作品

ねこがかいたえほん / だれといっしょにいこうかな? / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(8) 古田足日子どもの本 / くろねこさん しろねこさん / 王さまレストラン / 王さまとあそぼう 「ぼくは王さま」のすべて



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

こびとのピコ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット