くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ねがえり ごろん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねがえり ごろん

  • 絵本
作: 斉藤 洋
絵: ミスミヨシコ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年04月12日
ISBN: 9784061991392

0歳から
32ページ

みどころ

ほっぺを真っ赤にしてあかちゃんがもぞもぞしています。
両手をグーの形にして、おしりを左右にうごかして……
じょうずにごろんとできるかな?

あっ、できた、できました!
「ごろん ごろん ねがえり ごろん」
と思ったら……
「ごろん かみなり どしーん」
「どしん ぞうさんが ぴゅー」
「ぴゅー くるくる」

あれれ? ねがえりの……しりとり?
ごろんごろんと転がってどこまでもいくあかちゃんのねがえりのように、「ごろん」「どしん」「ぴゅー」「くるくる」とオノマトペがつながっていくリズムが心地いい、あかちゃん絵本です。

おしりが重そうで手足もまだ細いけれど、がんばって体を動かそうとしているあかちゃん。
ママやパパに見守られ「うごきたい!」というエネルギーに身をまかせたあかちゃんのかわいいことといったら。
「あっ、ねがえりした!」とあかちゃんがはじめて自力で動くのを見たときの感動は忘れられませんよね。
「ごろん ごろん」ところがるリズムに親子で身をまかせて、絵本を楽しんでくださいね。

同時発売の『はいはい あかちゃん』もあわせてどうぞ。


(大和田佳世  絵本ナビライター)

ねがえり ごろん

出版社からの紹介

「ルドルフとイッパイアッテナ」で知られる斉藤洋と、NHK「ワンツー!パンツー!」イラストのミスミヨシコによる赤ちゃん絵本

ベストレビュー

思い浮かべるもの

ごろんと寝返りをする、赤ちゃんの様子から始まって
擬音語や雰囲気から、つぎつぎと移ってゆく連想のような絵本ですね。
ごろん、どしーん、、、。
また、あかちゃんにもどってきます。
あかちゃんの成長に、にこにこのパパとママの笑顔が嬉しいです。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

斉藤 洋さんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / サブキャラたちの日本昔話 / こうえんのおばけずかん じんめんかぶとむし / シンデレラのねずみ / みんなのおばけずかん あっかんべぇ / ナツカのおばけ事件簿 (16) 図書館の怪談

ミスミヨシコさんのその他の作品

はいはい あかちゃん / おとうさん! おとうさん! / 紙芝居 ちゅーとちょーのくだものさがし / わるいことがしたい! / 紙芝居 おかあさん どこ? / きみのきもち



未確認生物の正体は!?ねこに再び安住の時は訪れるのか

ねがえり ごろん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 1
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4



全ページためしよみ
年齢別絵本セット