なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
やかましやさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ひとりになったライオン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひとりになったライオン

  • 絵本
文・絵: 夏目 義一
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年04月20日
ISBN: 9784834083316

読んであげるなら:5・6才から
自分で読むなら:小学中学年から
32ページ  24×31cm

出版社からの紹介

リアルに描かれた親離れしたライオンの一日

わかいライオンが親離れして、ひとりで暮らすことになった。これからは、お父さんに会うことも、お母さんが獲ってきた獲物を食べることもできない。どうやって生きていくのか心細くなった。でも、自分の力でやっていくしかない……。舞台はアフリカの大地。リアルに描かれたライオンは迫力満点。群れを離れてひとりで狩りをする過程を通じて、失敗しながらも成長していくライオンの姿が表現されている。大自然の厳しさを知る貴重な一冊。

ベストレビュー

若いライオンの視点

表紙の絵の、ライオンのまなざしに惹かれました。
親離れしたばかりの、若いライオンの視点で、狩りの様子が描かれます。
たてがみの色も薄く、鼻先も黒くない容姿に、エールを送りたくなりますね。
最初の狙いはシマウマのこども。
でも、たくさんの群れに阻まれます。
もちろん、どちらも必死です。
リアルなライオンですが、表情がわかるのが、絶妙な味わいです。
救いは裏表紙の絵。
やっと餌にありつけたようで。
でもこの背中、哀愁が漂っています。
自然界の緊張を描いていますが、マイルドなシーンなので、
幼稚園児くらいから、その世界を体感するにはいいと思います。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


夏目 義一さんのその他の作品

ときが とぶ そら / おおきくなりたいこりすのもぐ / とりの こもりうた / 恐竜はっくつ記



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ひとりになったライオン

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット