いっこ さんこ いっこ さんこ いっこ さんこの試し読みができます!
作: 及川 賢治 竹内 繭子  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
100%ORANGE新作! リズムと色と形で楽しむ新しい赤ちゃん絵本です
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
みずのこどもたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みずのこどもたち

  • 絵本
作: 阿部 海太
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年05月30日
ISBN: 9784333027590

5歳から
A4判・32ページ

みどころ

水について考えるとき、どんなことが思い浮かびますか?
雨? 川? 海?
私たちの体の約60%を占めること?
地球の7割が海だということ?
「水とはいったい何なのか?」そう問われたら、差し出したい絵本が生まれました。
主人公は、ひとりの女の子。
少女は、口にした一杯の水とともに川を流れ、木の根から吸い込まれ、
ほかの生き物の生きる糧となります。
そうして、再び自然に帰り、空へと昇っていきます。

勢いのある筆のタッチが紡ぐのは、青や緑の世界。
ときに激しく、ときに優しく進む物語は、全編を通して水の喜びにあふれ、生き生きとした生命賛歌のようです。
誰かに知ってほしいけれど、誰にも教えたくない、宝物のような絵本です。


(木村春子  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

あふれてくる、
わたしと世界をつなぐひかり!
――ミロコマチコ(絵本作家・帯より)
= = = = = = = = = =

水はめぐる――木を、果物を、動物を、そしてわたしたちを。あまねく生命を旅して、やがて空にのぼって雲になり、大地へ降り注ぐ。そう、わたしたちは、みんな水のこども――。幻想的で瑞々しい表現が話題を呼んでいる絵本作家、阿部海太による初の描き下ろし絵本です。

みずのこどもたち

みずのこどもたち

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




光るページも楽しめる♪ 参加型ハロウィン絵本

みずのこどもたち

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット