もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
おかあさんはね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おかあさんはね

  • 絵本
文: エイミー・クラウス・ローゼンタール
絵: トム・リヒテンヘルド
訳: 高橋久美子
出版社: マイクロマガジン社

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年05月
ISBN: 9784896376371

A4変型版/34ページ

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


完売店続出・即重版!終わりのない愛の絵本、好評につきPart2


子どもの健やかな成長を願う終わりのない愛の絵本

出版社からの紹介

全米でベストセラーとなり10か国以上で翻訳出版。子どもの健やかな成長を願う終わりのない愛の絵本。
「児童書界のフレッド・アステアとジンジャー・ロジャース」と呼ばれているエイミー・クラウス・ローゼンタール&トム・リヒテンヘルド。
このコンビの類まれなる才能は、子どもを持つすべての人々の「願い」の集大成を作り上げました。
全米のみならず世界中で共感を呼び、各国で翻訳されている話題の書。

おかあさんはね

ベストレビュー

今さら恥ずかしくて言えない気持ちを代弁してくれる

ムスメのイライラを受け止められないと、イライラが倍になって跳ね返る。
何度お互い部屋を出ていったことか…


本心はお互いが大好きで。
そんな言葉は言いたくなくて。
ただ、勝手に、あなただったらわかってくれると思っていて。


その繰り返し。


まだ小さいうちは、すぐに元どおりになることも、少しずつ戻れるまでに時間がかかる。


今更もう恥ずかしくて言えないことを、絵本を読むと素直に言えたり、受け止めることができる絵本です。

(まゆみずるーむさん 30代・せんせい 男の子14歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エイミー・クラウス・ローゼンタールさんのその他の作品

スプーンくん

トム・リヒテンヘルドさんのその他の作品

おはよう、はたらくくるまたち / 「おやすみ、はたらくくるまたち」「よるのきかんしゃ、ゆめのきしゃ」ギフトセット / おやすみ、はたらくくるまたち ボードブック / よるのきかんしゃ、ゆめのきしゃ ボードブック / よるのきかんしゃ、ゆめのきしゃ / おやすみ、はたらくくるまたち



死んでおばけになったおじいちゃんの忘れものとは…?

おかあさんはね

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.82

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット