モリくんのおいもカー モリくんのおいもカー モリくんのおいもカーの試し読みができます!
作: かんべ あやこ  出版社: くもん出版
おいもで作ったおいもカーで、実りの秋の森を楽しくドライブ! 愉快で楽しい冒険絵本。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ねこのたまたま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねこのたまたま

  • 絵本
作: 倉本 美津留
絵: いぬんこ
出版社: 好学社 好学社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年05月10日
ISBN: 9784769023319

みどころ

NHK Eテレの子ども番組「シャキーン!」の放送作家・倉本美津留さんと、「シャキーン!」でイラストを担当しているいぬんこさんがタッグを組んだ作品です。

あるひ、どこかから“たまたま”やってきた、青い色の子ネコ。
高い塀に囲まれた屋敷に住むおばあさんは、ネコを追い払ってしまいます。
でも、隣のおばあさんは、ネコに「たまたま」という名をつけてかわいがります。
ねこの「たまたま」はとってもふしぎなネコ。
お正月にみごとな曲芸をして、観客からお年玉をもらい、
口から飛び出した種を植えると、大きな木になり、見事な花が咲きます。
しかし、それを見ていた隣おばあさんは面白くありません。
夜中にこっそり、塀を作り直し、大きな木を自分の敷地の中に入れてしまいます。
でも、その木に虫が大量発生したものだから、おばあさんは怒りのまま、斧を手に、木とたまたまを、懲らしめようとして……。

いぬんこさんの、どこか懐かしさを感じるタッチがとても優しく、たまたまやおばあさんなど登場人物がとてもコミカルに、のびやかに描かれているのが魅力的です。
たまたまを通して、欲張りなおばあさんが気づいたことは、そのまま現代に生きる私たちにも伝わるメッセージなのかもしれません。
最後に分かる、たまたまの青い色の模様の意味にもご注目!
ページの隅々まで絵を味わえる一冊です。

(木村春子  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

たまたま落っこちてきた子猫を、優しいばあさんは“たまたま”と名付けてかわいがり次々いいことが!それを見ていた隣のばあさんが…

ねこのたまたま

ベストレビュー

たまたまであえた わたしたち

悪い欲深な、いやなおばあさんの隣に、
優しくて動物をかわいがるおばあさんが住んでいました。
と言うパターンのお話。
悪いおばあさんが、怒るたびに、
ものすごく悪そうな顔ですね(笑)
猫のたまたまちゃんが心配でしたが
たまたまちゃんは大丈夫だったのでほっとしました。
終わりで、急に悪いおばあさんが、さとって良い人になったようで
やれやれです。
そうですね、、、この星で たまたまであえた いきものみんな
助け合って暮らしたい。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


倉本 美津留さんのその他の作品

しちふくじん / ガムのようせい / 本屋さんで探す『明日のカルタ』 / 明日のカルタ

いぬんこさんのその他の作品

古典と新作 らくご絵本 (8) モモリン / おかめ列車嫁にいく / おちゃわんかぞく / おかめ列車 / こけしのゆめ / ちんどんや ちんたろう



可愛いプリンちゃんのお話4作目は、お父さんとおでかけ♪

ねこのたまたま

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット