しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【夏を楽しむページ】ひゅ〜どんどこ!絵本ナビの夏祭り2017
よるのおと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

よるのおと

  • 絵本
作: たむら しげる
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「よるのおと」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年06月12日
ISBN: 9784032324808

3歳から
32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

とある夜。
池のほとりに建つ、一軒の家。
ひとりの男の子が、その家に住むおじいちゃんを訪ねます。
ちいさな池のわきを行き、彼が家に辿り着くまで、あと、ほんの数十秒。

「ああ、やっとついたよ。おじいちゃんの家」

最初に男の子が発する、そのひと言よりもあと、最後のページまでこの絵本に台詞はありません。
あるのはただ、ところどころに記された、ちいさなオノマトペだけ。

鹿が口をつける池の水音。
獲物をとらえようと待ちかまえるカエルの鳴き声。
遠くを走る列車の汽笛。

群青の濃淡で表現される夜の空気のあちらこちらに、そんな”音”たちがちいさく立ち現れます。

池とほとり全体を俯瞰する構図は、流れるようにそのなかの一部分へとフォーカスし、ふと立ち止まり、あるいは顔を上げ、最後には飛び立つフクロウの後を追うように展開してゆきます。
オノマトペと鳥の目を通してながめているかのような構図によって、一見するととても動的な場面の連続に思われるのに、なぜかこの作品には、息の音を立てるのすらはばかられるほどの静けさが満ち満ちています。

そのうえ、劇的な動きの生まれる瞬間にだけ、この絵本からはオノマトペすら消えて、そこに真の静寂を描き出します。
それは大きな魚が水面を撫でるように泳ぎ去る瞬間であり、あるいはカエルが空を飛ぶ蛍をその長い舌でとらえる瞬間であり、フクロウが獲物を狙って爪を立てる瞬間です。
読者はとある奇妙な感覚を味わいます。
その瞬間絵本のなかで、夜を満たす静寂が、しん、と厚くなるのです。

なんの変哲もない夜の、ほんのわずかな時間。
本来は目にも耳にも入らないような、ささやかなできごと。
そんな小さな世界をながめていると、なぜでしょう、今この瞬間にも世界は息づき、命は巡っているのだという、そんな大きなことにまで想いをはせてしまいます。

静寂を聴くという、不思議な体験を味わってみてください。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

男の子が池のほとりを歩いています。もうすぐおじいさんの家につくところです。もうすっかり日がくれて、空には月が輝いています。リリリ、リリリ。虫が鳴いています。遠くからは列車の汽笛。池に浮かぶハスの葉にはカエルがいます。シカの親子も水を飲みにきているようです。ほんの数十秒のあいだにおこる小さなドラマの数々。そこにひろがるゆたかな世界。ページをめくることが一つの体験だということが感じられる絵本です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たむら しげるさんのその他の作品

ゆきゆきゆき / 夢の旅 / うちゅうスケート / クッキー・サーカス / へんてこハウス / 一千一秒物語



自動販売機のボタンを押して、何がでるかはお楽しみ♪

よるのおと

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット