ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
十三夜はおそろしい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

十三夜はおそろしい

作: 梅田 俊作 梅田 佳子
絵: 梅田 俊作 梅田 佳子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「十三夜はおそろしい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

怖い話しかと思ったら・・

見世物小屋に入ってしまった男の子。
こわごわ進んでいくと、いじめっこのイメケンがいる。
おばけより、こっちの方がこわいと、逃げ出して。
でも、イメケンは実はこわがり。おっかけてきて、「いっしょにいてやる」なんてふるえてる。
これがきっかけで、この二人は仲良しになったことでしょう。
恐怖を一緒に体験したら、親密になると聞いたことがあります。
それに、いじめっこが実は怖がりなんて、親しみが湧いてきます。
弱みを握ったから、もういじめられる事もないでしょう。
この男の子のえらいところは、だからって、仕返しをしないところです。
(おるがんさん 40代・ママ 女の子13歳、男の子11歳)

出版社おすすめ


梅田 俊作さんのその他の作品

つきよのたけとんぼ / タイヨオ / うわさごと / 紙芝居 おこうおばさんの平和のいのり / みんなかわいい / 紙芝居 コスモスあげる

梅田 佳子さんのその他の作品

くるくるさんぽ / てんてんおやすみ / 新装版 この ゆび とーまれ / だいじなものは? / あめあめあれれ / ネンネコごろごろ



たたかえ!じんるいのために!

十三夜はおそろしい

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット