おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
十三夜はおそろしい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

十三夜はおそろしい

作: 梅田 俊作 梅田 佳子
絵: 梅田 俊作 梅田 佳子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「十三夜はおそろしい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

怖い話しかと思ったら・・

見世物小屋に入ってしまった男の子。
こわごわ進んでいくと、いじめっこのイメケンがいる。
おばけより、こっちの方がこわいと、逃げ出して。
でも、イメケンは実はこわがり。おっかけてきて、「いっしょにいてやる」なんてふるえてる。
これがきっかけで、この二人は仲良しになったことでしょう。
恐怖を一緒に体験したら、親密になると聞いたことがあります。
それに、いじめっこが実は怖がりなんて、親しみが湧いてきます。
弱みを握ったから、もういじめられる事もないでしょう。
この男の子のえらいところは、だからって、仕返しをしないところです。
(おるがんさん 40代・ママ 女の子13歳、男の子11歳)

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

梅田 俊作さんのその他の作品

つきよのたけとんぼ / タイヨオ / うわさごと / 紙芝居 おこうおばさんの平和のいのり / みんなかわいい / 紙芝居 コスモスあげる

梅田 佳子さんのその他の作品

くるくるさんぽ / てんてんおやすみ / 新装版 この ゆび とーまれ / だいじなものは? / あめあめあれれ / ネンネコごろごろ



『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとしさんインタビュー

十三夜はおそろしい

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット