なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ひなそらとうやさん 30代・ママ

子どもが大好きな世界
なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好き…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
つまんない つまんない
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

つまんない つまんない

  • 絵本
作: ヨシタケシンスケ
出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年05月17日
ISBN: 9784592762102

3歳〜
AB判変型 本文32p

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


レビューを書いて3000円図書カード

みどころ

絵本作家、ヨシタケシンスケさんが「つまんない」を絵本にしたら!?
誰もが経験する「なんかつまんないな…」という退屈な気分を、人気絵本作家が四方八方から解体! ユニークな発想を詰め込んだ絵本です。

ソファで男の子が「うーん…」と寝転がったり、足をばたばたさせたり、ソファからずり落ちたり…。
「う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん」と、うなったあげく、お母さんに「ねえ。つまんないんだけど」と訴えます。
お母さんの返事は「…じぶんでなんとかしてちょうだい!」
もう最初のこの見開きページだけで、「ある、ある、ある」と3回くらい相づちを打ってしまいます(私だけ?)。

子どもの頃に「つまんない〜」と親に言ったことも、大人になってから子どもに「つまんないんだけど〜」と言われたことも数えきれないくらいありますが、そこであえて、「つまんないってなんだろう」とまでは考えなかったかも…。
ヨシタケシンスケさん、もとい、絵本の中の男の子は考えます。ぐるぐるまきにされるのも、ちょっとずつ座るところを変えてみるのも、おもしろそうだけど…やっぱりあんまりおもしろくない。

う〜ん、たしかに。
いったい何が「つまんない」で何が「おもしろい」なんでしょうね?

絵本を読みながら、ぐるぐる考える「つまんない」自分は、想像するうちにダンゴムシになったり自動販売機になったりして、いつのまにか「つまんない」じゃなくなっています。
これって、どういうことだろう?

「ん?」「あれ?」「そうか!」「いや、やっぱり…」
大人になったらつまらなくなくなるのか、それとももっとつまんなくなるのか。子どもの頃、ちょっぴり想像したようなことが、細かなイラストと手書き文字で掘り起こされ、ばっちり絵本に描かれています。

やっぱりヨシタケシンスケさんの本っておもしろい!
頭のあちこちを刺激され、思考する気持ちよさ、クセになりそう。
でも絵本まかせで「そう、そう」と喜んでうなずいていたら…、子どもには「大人って、やっぱりつまんない!」と思われそう……。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

こまったな。『つまんない つまんない』がおもしろいぞ。
――糸井重里
『つまんない つまんない』帯文より



子どもがよく口にする言葉「つまんない」。「せかいいち つまんない ゆうえんちって?」「おとなは つまんないとき どうしてるんだろう?」……。男の子の頭に浮かぶ「つまんない」の謎を、どんどん掘り下げていくユーモラスな絵本。「つまんない」ことをいっぱい考えるのって、実は面白い!

つまんない つまんない

つまんない つまんない

ベストレビュー

「つまんない」のあるあるが面白い。

最近は本を進めてもちっとも呼んでくれなくなった下の子が、珍しく自分から(わたしの部屋にあったこの本を)手にして、
さらに珍しいことにこの本がどんなに面白かったか、自分から感想を語ってくれました。
どうも、今まで(彼女が)出会った「絵本の中で上位3位に入る」そうで、
特に好きな場面は
「たのしそうにしてつけど、ほんとは
 つまんないひと、って いるのかな」
「つまんなそうだけど、じつは ちょっと
 たのしい、って ひとも いるのかな」のシーンなんだとか…。

このシーンにもたくさんの人が描かれていて、たくさんの詰まんなそうな顔が面白いのですが、
他にも、いろいろな“つまんない”あるあるが登場します。
読めば読むほど、ヨシタケさんの発想のすごさを感じます。
わたしは  “ちょっとずつ すわるところをかえたら おもしろいのかな?”の描き方が好きです。
だんだん心が変化していく様子が伝わってきて面白いです。

全文読んで聞かせる読み聞かせ打と、声真家弥次の部分が分かりにくいので、、ここぞというシーンのみをピックアップして、子どもたちにブックトークできたらいいなと思いました。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子22歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

ヨシタケシンスケさんのその他の作品

レッツとネコさん / おしっこちょっぴりもれたろう / ゾラ ショートセレクション 猫の楽園 / トルストイ ショートセレクション 三びきのクマ / こねて のばして / あるかしら書店



主役は、はたらく車。たのしい刺激がつまったしかけ絵本

つまんない つまんない

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.35

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット