宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
ガーコとリチャードのあいことば
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ガーコとリチャードのあいことば

  • 絵本
文: 中川 ひろたか
絵: 佐々木 一澄
出版社: 文研出版

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年06月30日
ISBN: 9784580823198

関連するスペシャルコンテンツ


人気デュオ ガーガーズのパネルシアターから生まれた絵本

出版社からの紹介

かばのリチャードは、あひるのガーコちゃんといっしょに住むお家を建てました。リチャードは、ドアを開ける時の、ヒミツのあいことばを考えたのですが、いくらリチャードが教えても、ガーコちゃんは、あいことばの意味がわかりません。しまいには、おかしな歌までうたいだすしまつ。
さあ、二人はちゃんと、お家に入ることができるのでしょうか。

ガーコとリチャードのあいことば

ベストレビュー

漫才で ボケとつっこみに笑えます

この絵本 漫才で聞いたら どうでしょう? 
笑えるかも 

あいことば?  愛ことばと勘違いして  赤くなる ガーコ
ちょっと こまってる リチャード

この展開 やっぱり 漫才ですね これが 絵本なると こうなるんだと ニンマリ  笑えました

でも ちょっと あいことばが分かる子に読んであげたら 笑ってくれそう
小さい子には?? 
ボケとつっこみで 漫才やってみるのも 楽しそうですね
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中川 ひろたかさんのその他の作品

おとのさま、ほいくしさんになる / でんせつのじゃんけんバトル / まんまちゃんのボールがポン! / じめんのしたにはなにがある / 鈴木翼&福田翔の いないいないわお! / おうち

佐々木 一澄さんのその他の作品

でんしゃから みつけた / くるまから みつけた / からだ・あいうえお



『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

ガーコとリチャードのあいことば

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.24

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット