十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
ともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ともだち

  • 絵本
作: 片山 令子
絵: 片山健
出版社: ビリケン出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

やっぱり ぼくのこと きらいなんだね…

あまのじゃくで文句屋のふくろうくんと小川に行ったのうさぎさん。あつくなってきたので、ふたりは木の枝にチョッキをかけて、きれいな小川をながめていました。しばらくしてチョッキを着ようとすると、風にとばされて、もう木の枝にはありませんでした。「おがわになんか こなけりゃ よかった」文句ばかりのふくろうくんです。ですが、のうさぎさんのなくなったチョッキが、たった一着のチョッキだったことを知ったふくろうくんは…。

ベストレビュー

このシリーズで1番好きです

いつも悪いほうにしか考えないふくろうが、いつも良い方に考える野うさぎに会います。
両方とも、ベストを無くしてしまいます。文句を言うふくろと、それでも前向きな野うさぎ。
ふくろうもだんだんと影響されて、野うさぎのベストをさがし、持って行ってあげます。

悪いことが起きても、良い方に考えるのは、なかなか大変です。
前向きに考えると、生きていくのが楽しくなります。
そうやって、辛い事も乗り越えてもらいたいです。
このシリーズは、心に訴えるものがあって、どれも素敵な本です。
(おるがんさん 40代・ママ 女の子13歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


片山 令子さんのその他の作品

はるのおとがきこえるよ / ようふくなおしのモモーヌ / ちいさなともだち / マルマくん かえるになる / とくんとくん / ねむねむくんとねむねむさん

片山 健さんのその他の作品

とんねるをぬけると / あったかいな / だーれもいない だーれもいない / きはなんにもいわないの / ぼくからみると / おおきな ありがとう



『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとしさんインタビュー

ともだち

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット