みなみへ みなみへ
作: ダニエル・ダンカン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
海のうえで出会った“あいぼう”。それぞれが帰る場所は……? 一人ぼっちの漁師さんと1羽のトリのお話。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
だれかがぱいをたべにきた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だれかがぱいをたべにきた

作: 神沢 利子
絵: 井上 洋介
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

出版社からの紹介

おばあさんが自慢のパイを焼いて一人で食べようとしていると、風に飛ばされた帽子が頭にすっぽりかぶさり、目隠しをしてしまいました。その時、ぎいーと扉があいたので風かと思えば、ぶうーとうなり声が聞こえたのでブタだと思って追い出そうとしましたが、がちゃん、ぺちゃぺちゃ、ぶるぶるるー、ずしんずしんと音がして……。音からいろいろな動物を想像していきますが、最後に思わぬオチがつく愉快なお話です。(「こどものとも」171号)

ベストレビュー

パイのお味

ヨーロッパあたりの民話風ですが、神沢利子さんの創作のようですね。
パイ好きのおばあさんが主人公。
もちろん、麦蒔きからした、粉から手作りのご自慢の自家製パイ!
ところがちょうど焼きあがったところで、風で麦わら帽子が落ち、
視界が無くなり、びっくりしますが、パイを守ろうと、物音から状況を判断しようとするのです。
ぶた?ろば?となりのおかみさん?
明らかになるその正体と、オチは、なかなかです。
パイのお味、あれこれ想像してしまいますね。
(レイラさん 40代・ママ 男の子19歳、男の子16歳)

出版社おすすめ

  • ねこのさら
    ねこのさらの試し読みができます!
    ねこのさら
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    この夏、らくご絵本を読んでみよう!あれっ、この皿はもしかして・・・

神沢 利子さんのその他の作品

うすむらさきの花の下は? / くろねこトミイ / おばあさんのひっこし / やさいのともだち / しあわせなワニくん かんちがい レストラン / しあわせなワニくん あべこべの1日

井上 洋介さんのその他の作品

エースケをさがせ / ホウホウフクロウ / きんのつののしか / つきよのふたり / こぶたのぶうくんと しりとり / こわくない



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)




全ページためしよみ
年齢別絵本セット