貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
だれかがぱいをたべにきた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だれかがぱいをたべにきた

作: 神沢 利子
絵: 井上 洋介
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

出版社からの紹介

おばあさんが自慢のパイを焼いて一人で食べようとしていると、風に飛ばされた帽子が頭にすっぽりかぶさり、目隠しをしてしまいました。その時、ぎいーと扉があいたので風かと思えば、ぶうーとうなり声が聞こえたのでブタだと思って追い出そうとしましたが、がちゃん、ぺちゃぺちゃ、ぶるぶるるー、ずしんずしんと音がして……。音からいろいろな動物を想像していきますが、最後に思わぬオチがつく愉快なお話です。(「こどものとも」171号)

ベストレビュー

パイのお味

ヨーロッパあたりの民話風ですが、神沢利子さんの創作のようですね。
パイ好きのおばあさんが主人公。
もちろん、麦蒔きからした、粉から手作りのご自慢の自家製パイ!
ところがちょうど焼きあがったところで、風で麦わら帽子が落ち、
視界が無くなり、びっくりしますが、パイを守ろうと、物音から状況を判断しようとするのです。
ぶた?ろば?となりのおかみさん?
明らかになるその正体と、オチは、なかなかです。
パイのお味、あれこれ想像してしまいますね。
(レイラさん 40代・ママ 男の子19歳、男の子16歳)

出版社おすすめ


神沢 利子さんのその他の作品

うすむらさきの花の下は? / さるとかに / さんびきのくま / くろねこトミイ / おばあさんのひっこし / やさいのともだち

井上 洋介さんのその他の作品

エースケをさがせ / ホウホウフクロウ / きんのつののしか / つきよのふたり / こぶたのぶうくんと しりとり / こわくない



新米パパママへ贈る  子育てはツライ!?楽しい!? 本音トーク 座談会




全ページためしよみ
年齢別絵本セット